日本で最も知的な街のクラシック最先端 神保町店クラシック 最新情報!!!
[2781]  [2780]  [2779]  [2777]  [2778]  [2769]  [2771]  [2774]  [2773]  [2772]  [2770
12/22(土) CENTAURレーベルの新品CDが

まとめて入荷致しました!!


da301711.gifギリシャ語で「ケンタウロス」という意味を持つアメリカのレーベル「Centaur Records」。古楽から現代音楽まであまり知られていない作曲家の作品が大半を占めており、カリヴォダ、ゴルトマルク、シャルヴェンカなど、隠れロマン派の作品などはマニアックなファンに非常に重宝されています。
今回は、室内楽や器楽の知られざる名演を中心に揃えました♪ コダーイやブゾーニの弦楽四重奏曲や、ブラームスの室内楽作品をフルートとピアノにアレンジしたものなどなど、計21点です☆

e5f43db7.gif
CRC-2095


《収録曲》
ヴォーン・ウィリアムズ:2台のピアノのための協奏曲
ブリテン:スコットランドのバラード/序奏とブルレスク風ロンド

ヤーブロー&コーワン(p)/フリーマン/スロヴェニア放送交響楽団
¥2,250(税込)

ヴォーン・ウィリアムズの2台のピアノのための協奏曲は、ピアノ協奏曲ハ長調からの作曲者自身による編曲で、非常に華やかな作品です。冒頭から大伽藍のように迫り来るオーケストラとピアノのメロディーに圧倒されますが、第2楽章のロマンツァではピアノの淡く繊細な詩情が聴きもの! バルトークやヒンデミットのようにピアノを打楽器的に扱っている秀作です! ブリテンの2曲も滅多に聴く機会のない、2台のピアノの掛け合いが面白い作品です♪


ddf88c3e.gifCRC-2372

《収録曲》
コダーイ:弦楽四重奏曲第1番&第2番

オウデュボン弦楽四重奏団
¥2,250(税込)


これまで数々の世界初演を手がけたオウデュボン弦楽四重奏団。このディスクでは、コダーイの2曲の弦楽四重奏を終始緊張感を保持しながら演奏しています。第1番の第3楽章は非常に印象的な、民謡風の旋律が主体となって展開する一番の聴きどころ! 曲の全体像としては、グリーグやシベリウスの弦楽四重奏に通ずるものがあります。第2番は、調性のない2楽章構成の作品。夜空に瞬く星々の語らいを聴くような、宇宙に点在する夢の揺らめきを瞼裏にかすめて見るような佳作となっています。


185c5cc3.gifCRC-2684

《収録曲》
ゴルトマルク:ピアノ三重奏曲 Op.4&Op.33

メンデルスゾーン・ピアノ・トリオ
¥2,250(税込)


ゴルトマルクの室内楽は今日では滅多に演奏されることがありませんが、このピアノ三重奏曲はもっと耳にする機会があっても良いと思わせてくれるもの。とりわけ第1番の第2楽章アダージョは、そのメランコリック過ぎないメロディーと優しい風合いにうっとりとします♪ 第2番はホ短調の作品となっていて、例えば同じ調性のドヴォルザークの『ドゥムキー』と比べてみても、そこまで重たさがない分すっきりとまとまっています。メンデルスゾーン・ピアノ・トリオの颯爽とした演奏が心地良い一枚です!


951fab69.gifCRC-2139

《収録曲》
シューベルト:交響曲ホ長調(1825)

ザミュエル/シンシナティ・フィルハーモニー管弦楽団
¥2,250(税込)


シューベルトの手紙に言及があるものの楽譜が見つからず、幻の存在とされてきた 『グムンデン・ガシュタイン交響曲』D.849 (1825) は研究により、20世紀末ではハ長調D.944 『ザ・グレート』を指している可能性がきわめて高いとされてきました。一方で、近年、シュトゥットガルトでD.849にあたるホ長調の交響曲の筆写譜が発見されたとし、ギュンター・ノイホルト指揮の放送響で録音が行われたものが現地のFM放送で放送されたそうです。果たして、このCDに収められた曲が『グムンデン・ガシュタイン』なのかどうか? 真偽は定かではありませんが、ともあれ、ギュンター・エルシェルツによって編曲・復元された、非常に稀少価値の高い一枚です!! 交響曲『ザ・グレート』を彷彿とさせる構成と、オーケストラの燃焼度に興奮せざるを得ません!


fffe884b.gifCRC-2718

《収録曲》
R・シュトラウス:ピアノ三重奏曲第1番&第2番&ピアノ四重奏曲ハ短調

メンデルスゾーン・ピアノ・トリオ&ステップニャク(va)
¥2,250(税込)


先に紹介したゴルトマルクのピアノ三重奏曲と同じ、メンデルスゾーン・ピアノ・トリオによる演奏です。R・シュトラウスというとオペラやオーケストラ楽曲の濃厚なイメージがありますが、ここではそれが皆無!! 第1番&第2番共に、洒脱で軽妙な旋律が全体を通じて流れています。第1番の第3楽章メヌエットは特に、「これ本当にR・シュトラウスが書いたの?」と思ってしまう愛らしさがあります。一方、ハ短調のピアノ四重奏曲はヴィオラが加わったことで、各楽器の丁々発止が繰り広げられています。熱を帯びた超名演です!


5243edc5.gifCRC-2879/80

《収録曲》
ショパン:夜想曲全21曲(2枚組)

スミス(p)
¥4,500(税込)


カリフォルニア州出身のピアニスト、ジーン・アレクシス・スミスは、ジュリアード音楽院で学位を取得し、スタンフォード大学で音楽修士号を取得しています。ソロ・リサイタル奏者としてはもちろんのこと、協奏曲のソリストや室内楽奏者としても、多彩なキャリアを積んでいます。ここに聴く彼女の演奏は、静謐な気配を漂わせながらも波打つ情感を持ち味としていて、それがまた決して前面的ではないところが特色。言わば、ちょうど良いところでバランスが保たれている夜想曲で、とりわけ作品62の2曲は、精神世界に深く沈んでいく様が克明に描かれています。


2f088e03.gifCRCー2177

《収録曲》
スカルラッティ:ソナタ集

ギボンズ(cem)
¥2,250(税込)


チェンバロ奏者のジョン・ギボンズは、かのグスタフ・レオンハルトに指導を受けていて、フォルテピアノ奏者、及び指揮者としても活躍。ボストン美術館トリオの創設メンバーとしても知られています。このアルバムでは、煌くような線の太い音色で、スカルラッティの作品群を非常に際立たせています。長調の作品では典雅という言葉がぴったりと当てはまるぐらいで、その美音に聴き惚れること間違いなし♪ 全14曲中、一番有名なニ短調K.141(L.422)は圧倒的な存在感で押し迫ってきます!!


d16113d0.gifCRC-2270

《収録曲》
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番&第3番&ポロネーズ第5番

ミハイロヴィチ(p)
¥2,250(税込)


凄まじいテンションの高さで始まる第2番『葬送行進曲』。そのエネルギーと勢いは第4楽章まで続きますが、反ってそれが功を奏したのか、第3楽章では過剰なまでに沈鬱さを押し出すピアニストとは一線を画し、それを払拭することに成功しています。更に、シューラ・チェルカスキーを彷彿とさせる自在なテンポ・コントロールには圧巻・驚愕です! 第3番においても同様のことが言えますが、殊に、夢を見るような第2楽章と第3楽章の緩徐メロディーが美しいです☆ 流麗な指さばきも見事で、ショパン・ファン&ピアノ・ファン必携の一枚です!!


                     559e2658.gif
CRC-2571

《収録曲》
タネーエフ:ピアノ四重奏曲&ピアノ三重奏曲

メンデルスゾーン・ピアノ・トリオ&ステップニャク(va)
¥2,250(税込)


ロシアの作曲家セルゲイ・タネーエフは、ピアニストでもあり教育者でもあった人。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のモスクワ初演でピアノを担当したことで知られています。このCDのジャケットのように、雪原を滑り降りるようなイメージで始まるピアノ四重奏曲は、3楽章形式で40分ほどの作品。爽快で、冬のこの時季に似つかわしい、ひんやりと澄んだ空気感が伝わってくる曲です。また、三重奏曲においても小気味良い旋律はそこかしこに溢れ、四重奏曲よりも軽やかな対話が繰り広げられています。ピアニストだったタネーエフらしく、ピアノの主旋律が活かされている隠れた名曲です。


ebd80316.gifCRC-2161

《収録曲》
チャイコフスキー:12の小品Op.40(抜粋)
            6つの小品Op.51 
                            18の小品Op.72(抜粋)
            交響曲第6番『悲愴』Op.74(ピアノ編曲)
レイチキス(p)               ¥2,250(税込)

モスクワ音楽院で学んだピアニスト、ウラディーミル・レイチキスは、ゲンリヒ・ネイガウスの最後の弟子の1人。アメリカのリスト協会と国際ラフマニノフ協会の全国大会でソリストとして出演し、また、数多くのピアノ・コンクールにおいて審査員として務めています。彼は、このアルバムに収められた各小品のロマンチックさや孤独感、哀愁といったものを丁寧に包み込むように弾いています。1人静かに、2人秘かに語り合いながら、ウイスキーグラスやワイングラスを傾けて聴きたい演奏です♪ また交響曲第6番『悲愴』は、その第3楽章をサムイル・フェインベルクがピアノ用に編曲したもので、コロコロと良く鳴るピアノの音色はいつまでも聴いていたいほど。真に上手いピアニストです!!
 

460108d3.gifCRC-2414

《収録曲》
デュポール:チェロ・ソナタ第1番&第2番&チェロ・ソナタ ハ長調
        ロマンス
        協奏的二重奏曲
        新しい夜想曲  
モリーン(vc)/ホーン(p)      ¥2,250(税込)

ジャン=ルイ・デュポール(1749~1819)は、フランスのチェリストであり作曲家。彼の使用していたストラディバリ(1711年製)は、オーギュスト・フランショーム(1808~1884)を経て、かのロストロポーヴィチが所有していたとのこと。ともあれ、いずれの作品も優しく温かみが伝わってくるもので、モリーンの力強い奏法がこのアルバムを引き立たせています。協奏的二重奏曲はピアノとチェロの対話が面白く、変奏形式になっています。ちなみに、モーツァルトの有名曲『デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲K.573』は、ルイの兄でチェロ奏者のジャン・ピエールを指しています。


1369b09c.gifCRC-2191

《収録曲》
ノヴァーク:弦楽四重奏曲Op.35&ピアノ五重奏曲Op.12

クービン弦楽四重奏団/Skovajsa(p)
¥2,250(税込)


ヴィーチェスラフ・ノヴァークは、チェコ出身の教師兼作曲家で、ヨセフ・スークと共にドヴォルザークのマスタークラスで学んだ人物。R・シュトラウスやドビュッシーなどの20世紀初頭の新しい音楽にも多少は影響されているものの、スメタナを崇拝して、終生にわたって後期ロマン派音楽様式にとどまったとのこと。弦楽四重奏曲は、2楽章の構成ながら演奏時間30分の力作。第1楽章はやや晦渋的なものの、第2楽章は主題が印象的で分かりやすいです。ピアノ五重奏曲は、その第2楽章が『15th. Century Czech Love Song』と題されていて、ここに曲としての核が据えられています。他の作曲家では聴けない、唯一無二のピアノ五重奏曲です!


9a92100d.gifCRC-2615

《収録曲》
ビーバー:祭壇または宮廷用ソナタ第2番&第3番&第5番&第6番&第8番
                                   &第9番&第11番
      6声のソナタ
      パルティータ ニ短調&ト長調
マシューズ/シアトル・バロック管弦楽団/シェンクマン(cem)       ¥2,250(税込)
       
ビーバーといえば『ロザリオのソナタ』が一等有名ですが、この『祭壇または宮廷用ソナタ』と題された室内楽曲集は全部で12曲からなります。長調作品は溌剌としていて耳に心地良く、反対に短調作品は物憂げな表情を持ちながら、聴く者に優しい訴えを届けてきます。チェンバロ独奏の2曲のパルティータは、パッヘルベルや時にデュフリのチェンバロ曲を想起させるものとなっていて、シェンクマンの自然体な演奏に好感が持てます。1994年に結成されたばかりのシアトル・バロック管弦楽団の、若々しい演奏が光る一枚です。


30543087.gifCRC-2268

《収録曲》
ブゾーニ:弦楽四重奏曲第1番&第2番

ブゾーニ弦楽四重奏団
¥2,250(税込)


第1番の第1楽章が流れた途端、「ベートーヴェンの『ラズモフスキー第1番』か?」と思ってしまうほど似ていますが、曲全体の性格はもちろん違います。ハ短調という調性ではありますが、悲劇性よりも仄暗い雰囲気を纏った、一種異様な作品です。また第2番は、第1楽章が「いざ、決起せん!」と言わんばかりの熱気溢れる内容。総体的に第1番より堅牢で充実した作品となっていて、ブゾーニの名を冠した弦楽四重奏団の、面目躍如といった感が非常に強く表れています。弦楽四重奏の、隠れた名曲と言えます。


155aa1fa.gifCRC-2706

《収録曲》
ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番&第2番(フルート&ピアノ編曲)
        ヴァイオリン・ソナタ第2番(フルート&ピアノ編曲)

ジュット(fl)/サイクス(p)
¥2,250(税込)

ブラームスのクラリネット・ソナタは、作曲者自身によってヴィオラ用に編曲されたものもあるのは周知ですが、ここで聴くフルート版も滋味深く味わいがあります。第2番は、何といっても情熱が渦巻く第2楽章が聴きどころ。フルートの軽快で柔らかな音色がその情熱を、あたかも胸に秘めた花を咲かせるかのように鳴っているのが素晴らしいです。またヴァイオリン・ソナタ第2番は、フランクのヴァイオリン・ソナタをフルートで演奏したディスクやコンサートがあるように、とても清々しく、違和感が全くありません。フルートが好きな方、ブラームスはお好き? いやいや、ブラームス好きの方もフルート・ファンの方も、是非聴いてみて下さい!


072c0237.gifCRC-3100

《収録曲》
ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタOp.40
ブラームス:チェロ・ソナタ第1番

ホマ(vc)/オーティカー(p)
¥2,250(税込)
 
チェロのナターリヤ・ホマは、1990年のチャイコフスキー国際コンクールで第4位に入賞したウクライナ出身の演奏家(ちなみにこの時の第2位が、アレクサンドル・クニャーゼフ)。ロシアの名チェリスト、ナターリヤ・シャホスカヤを師に持つホマのショスタコーヴィチは非常に激しく、とりわけ第2楽章のその弾きっぷりは女流というものを一切感じさせません。一方、スイス出身のオーティカーのピアノも良く鳴っていて、かといって前面に出過ぎず、チェロを好サポートしています。ブラームスでも2人の呼吸は見事に一致し、各楽想をきっちりと描き分けています。


*販売価格は、1枚¥2,250(税込)、2枚組は¥4,500(税込)です。
*今後も続々と詳細を掲載していきます!










◆SHOP PROFILE◆
店舗名:
ディスクユニオン神保町店
所在地:


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051
千代田区神田神保町1-4 2F

TEL(代表):03-3296-1561
(神保町店クラシックご指名下さい)

営業時間:11:00~21:00
  (日祝11:00~20:00)

e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!

【メールマガジン会員募集中】
こちらをクリック>>

◆blog内検索◆
連日積み上がる膨大な入荷リストの中からお探しのアーティスト/タイトルを狙い撃ち!
◆バーコード◆
◆カレンダー◆
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
12
20 21 22 23 24
26 27 28 29 30