日本で最も知的な街のクラシック最先端 神保町店クラシック 最新情報!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
WINDS CAFE 229
【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて-伊福部昭とその門下を中心に-】伊福部昭十年祭参加企画

根岸一郎(歌唱)
河内春香(ピアノ)
西耕一(企画・構成)

2016年1月24日(日) 午前11時開演(午前10時45分開場) 午後4時半終演予定(途中、何度か休憩を挟みます)


カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23
http://casamoz.org/
● 東京メトロ千代田線 / 明治神宮前駅 徒歩3分(170m)
● 東京メトロ副都心線 / 明治神宮前駅 徒歩3分(180m)
● JR山手線 / 原宿駅 徒歩4分(290m)

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)
※できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

10:45 開場
11:00 開演
16:30頃 終演

設営の撤収後、交流パーティー(差し入れ飲み物、食べ物などによる)

▼予定プログラム 作曲家と作品名、カッコ内は作曲年と作詞者(作曲年不詳もあり)。

伊福部昭 北海道讃歌(1961・森みつ)
伊福部昭 帯広市市歌(1952・外山雅一)
伊福部昭 池田町町歌(1968・清原千晴)
伊福部昭 音更町町歌(1970・三村洋)
伊福部昭 全開発の歌-全北海道開発局職員労働組合の歌-(渋谷純一)
伊福部昭 北海道立阿寒高等学校校歌(1955・柏倉俊三)
伊福部昭 北海道立新得高等学校校歌(1960・阿部戸一)
伊福部昭 札幌市立向陵中学校校歌(1961・飯田広太郎)
伊福部昭 札幌市立琴似小学校校歌(山下秀之助)
伊福部昭 釧路市立美原小学校校歌(更科源蔵)
伊福部昭 私立札幌創成高校校歌(1965・清水武)
伊福部昭 北海道名寄市立名寄東中学校校歌(1957・入江好之)
伊福部昭 名寄女子短期大学校歌(1965・小池栄寿)
伊福部昭 むかわ町立鵡川小学校校歌(1959・更科源蔵)
伊福部昭 福島市立飯坂町平野小学校校歌(1955)
伊福部昭 世田谷区立玉堤小学校校歌(1966・阿部ナヲ)
伊福部昭 大洋紡績株式会社社歌(1967・佐藤勇介)
早坂文雄 江別市立第三中学校(1949・坪松一郎)ほか
諸井三郎 京都市歌(1951・藤山於菟路)(四代目京都市歌)
東京都立航空工業専門学校校歌(木俣修)
平井康三郎 高知学園歌(1956・橋詰泰司)ほか
團伊玖磨 京都府の歌(1984・田中秀果)
川口市歌(1962・サトウハチロー)ほか
芥川也寸志 東京ガス讃歌(1984・谷川俊太郎)
鹿児島ナポリターナ(1962・ホセ・しばさき)ほか
黛敏郎 北海道苫小牧南高等学校校歌(1978・河邨文一郎)
仏教讃歌 With These Hands(1965・Mieko Takamiya)ほか
眞鍋理一郎 砧南中学校歌(1971・江間章子)
矢代秋雄 鎌倉市歌(1959・大木惇夫)
清道洋一 スリーシェルズ讃歌・仮題(2016・初演)
ほか(まだまだ増える予定! リクエストはスリーシェルズのメールまでどうぞ!)。

■コンサートについて

交響曲やソナタと違って、校歌や社歌など団体歌がコンサートで演奏されることは少ない。
しかし、毎週の朝礼や様々な機会に歌われる校歌、社歌は各作曲家にとって再演回数では相当数多い部類に入るはずだ。地域に根差した歌詞や地域の音楽を取り入れたものもある。
一部の地域や団体を対象にしたゆえに広く知られることは少ないが、それぞれの歌詞も味わい深く、音楽も優れたものが多い。
地域を代表する音楽になるのだから関わる作曲家、作詞家ともに当代随一と賞賛される大家ばかり。
オーケストラ伴奏だったり、交響曲仕立てにした団体歌もある。
これらの曲をあらためて演奏して、鑑賞することで、普段知られない日本の作曲家の優れた仕事を楽しむ機会にできればと考えている(西耕一)

■WINDS CAFE とは

WINDS CAFE
と は、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティー です。いわゆる「オフ会」ではありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しておりま す。ご来場にあたって予約は必要ありません。WINDS
CAFE
のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。
第1回から第120回までは現代陶芸家の板橋廣美氏の私邸である東京吉祥寺の空中庭園 WINDS GALLERY
を、第121回から第135回までは建築家藤村貞夫氏の私邸である東京三軒茶屋の住宅街の隠れ家レンタルスペースSFを、第136・137回は現代美術コレクターの増井常吉氏の私邸である住宅街の秘密基地
MACA GALLERY を会場として行ってきましたが、2008年6月の第138回以降は、内容によって最適な場所を選んで開催します。
1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2016年には、ついに20周年目を迎えることになりました。
http://www.st.rim.or.jp/~mal/Cafe/


【団体名】オーケストラ・ナデージダ /合唱団ナデージダ
【コンサート題名】弦楽合奏と合唱による2016年ニューイヤー演奏会
【出演】指揮:渡辺新 / ソプラノ : 中村初惠 / メゾソプラノ : ヴァレンチナ・パンチェンコ


 テノール:黒田大介 / バリトン:アレクセイ・トカレフ / 福音史家:ユーリ・イリン

【日時】2016年01月30日 14時開演(13:30開場)
【場所】浜離宮朝日ホール 音楽ホール (都営大江戸線「築地市場駅」A2出口すぐ)
【入場料】全自由席 1,500円
【Program】◆アルフェエフ(イラリオン府主教) 「マトフェイ(マタイ)受難曲」
【お問合せ】オーケストラ・ナデージダ事務局: Eメール orch.nadezhda@gmail.com 


 電話090-8500-7029 (高橋:10時~19時) 

【ホームページ】http://www.ac.auone-net.jp/~nadezhda/
【Profile】 
オー ケストラ・ナデージダは、ロシア・北欧作曲家による知られざる傑作の発掘・紹介を行うというコンセプトに賛同する音楽愛好家達が集まり、2008年に発足 しました。現在5名のロシア人も団員として参加しています。来る1月30日、ロシア正教会の現府主教アルフェエフ氏が2006年に作曲した「マトフェイ (マタイ)受難曲」をニューイヤー演奏会の演目として取り上げました。誰にでも親しみやすい美しさと清らかさを併せ持つ当作品は、現在ロシアで最も歌われ ている合唱曲の一つであります。

 

4部合唱による美しい旋律が、弦楽の調べとソリストの圧倒的な歌唱と織り合いながら、皆さまを荘厳でかつ喜びに満ちた、新年をお祝いする場所へとご案内いたします。


第54回定期演奏会  
日時 2016年1月10日(日)
開場 午後1時
開演 午後1時30分
場所 西東京市 保谷こもれびホール
入場料 前売り 800円  当日 1,000円
指揮 客演指揮 フィリップ・スパーク 氏
曲目・オリエント急行
   ・ピッツバーグ交響曲
   ・カンティレーナ  (陽はまた昇る原曲)
   ・バンド・ワゴン
   ・コンサート・プレリュード
   ・オーヴェーション   (1996年委嘱作品)
   ・ フラワー・デュエット (コルネット二重奏)
   ・ 時の思い出    他

HP:http://www.black-colt.com/
【団体名】プリモ アンサンブル東京
【コンサート題名】第28回定期公演
【出演】指揮:上原 圭詞/演奏:プリモ アンサンブル東京
【日時】2016年1月17日(日)
【場所】新宿文化センター 大ホール
【入場料】一般 ¥1,000円 小学生以下無料(全自由席)※未就学児の客席への入場
はご遠慮下さい。

【Program】
 ◆B.スメタナ:交響詩「我が祖国」より ヴルタヴァ(モルダウ)
 ◆P.I.チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
 ◆井澗昌樹:ゆりのねゆらり
 ◆福島弘和:空の木の下で II
 ◆F.チェザリーニ:青い水平線

【お問合せ】アートミュージック:03-6382-9675
【ホームページ】http://www.primoensemble.tokyo

【Profile】
 こんにちは。プリモ アンサンブル東京と申します。
 私たちは東京都内で活動している一般吹奏楽団です。
 この場をお借りして、演奏会のご案内をさせていただきます。
 ご多忙中とは存じますが、皆様のお越しを団員一同心よりお待ち申し上げます。
 なお、13:35より木管五重奏によるロビーコンサートを行います。

モンセラートの朱い本Llibre Vermell de Montserrat 中世スペインの巡礼者たちの音楽
〈日時〉2015年11月17日(火)19:00開演(18:00開場)
〈場所〉東京カテドラル聖マリア大聖堂
    電車:東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩15分
    バス:都営バス 「ホテル椿山荘東京前」下車徒歩1分
〈入場料〉 3,500円(全自由席)
   チケットお申込・お問合わせ
   E-MAIL:vocesyoukai@yahoo.co.jp(ラ・ヴォーチェ・オルフィカ)
     anthonello.concert@gmail.com(アントネッロ・コンサート)
合唱 ラ・ヴォーチェ・オルフィカ 
ソプラノ/澤村翔子 赤地佳怜
アルト、リコーダー/細岡ゆき
テノール/中嶋克彦
バス/酒井崇
器楽 アントネッロ
ショーム、リコーダー/古橋潤一
スライド・トランペット/宮下宣子
中世フィーデル/石川かおり
オルガネット、中世ハープ/西山まりえ
プサルテリー/矢野薫
パーカッション/濱元智行
指揮、コルネット、リコーダー/濱田芳通
「モンセラートの朱い本」あの昂奮のステージをふたたび!
「往時の巡礼者たちの圧倒的な精神的パワーと悦びをダイレクトに伝えて感動的だった」「全てが綿密に作り込まれているが、即興的な趣があり、ダンサブルな躍動感とダイナミズムに溢れる」「個性的なサウンドやフォークロア的な強い生命力と芸術的な洗練が、今の彼らの芸境の高みを示す」
<那須田務氏>―「音楽の友2015年4月号」コンサートレビュー記事 2015年2月6日「モンセラートの朱い本」公演評
♪今年2月に行われた「モンセラートの朱い本」公演が好評につき、再演が決定。
各方面で高く評価いただきました。
今回も満席が予想されるため、チケットはお早めにご予約/お求めください。
※本公演には「NHK BSプレミアム」の収録が入る予定です。客席前方の一部を機材で使用いたしますので、ご了承ください。

〈ホームページ〉http://www.ne.jp/asahi/voce/home/



演奏会名  ノイフィルハーモニー管弦楽団 第12回定期演奏会
日時  2015年9月20日(日)
開場  13:30 / 開演 14:00
指揮  椙山 由美子 (チャイコフスキー)若宮 裕 (ワーグナー・ドヴォルジャーク)
曲目
ワーグナー / 歌劇「タンホイザー」序曲
チャイコフスキー / 祝典序曲「1812年」
ドヴォルジャーク / 交響曲第7番 ニ短調
チケット  全席自由 500円
※当日券の販売は予告なしに中止することがあります。あらかじめご了承ください。

ノイフィルハーモニー管弦楽団ホームページ

  

日本リヒャルト・シュトラウス協会  
【講演と演奏 オペラ《ダナエの愛》】

今秋10月2~4日に渡って上演される東京二期会主催リヒャルト・シュトラウス《ダナ
エの愛》に先駆け、演出家の深作健太氏を迎えて、オペラ初演出への意気込みと見ど
ころをお話頂きます。また、本公演ユピテル役小森輝彦、ダナエ役佐々木典子、両氏
による演奏もご堪能ください。


日 時:2015年9月4日(金)19時 ~21時
会 場:ドイツ文化センター OAGホール
出 演:深作健太(演出家)、佐々木典子(ソプラノ)、小森輝彦(バリトン)、大藤玲子
(ピアノ)
入場料:一般/2,000円(R.シュトラウス協会年誌付き)
     学生/1,000円(年誌無し)
     日本R.シュトラウス協会会員/無料

お問合せ:日本リヒャルト・シュトラウス協会(平日13:00-17:00不定休)
TEL: 03-3582-1266 FAX:03-3582-1267 E-mail:japanrs@tkk.att.ne.jp


2015/6/27(土)
14:00開場、14:30開演
根津教会(千代田線根津駅)
入場無料、全席自由


出演団体
・桜木ブラスクインテット
・アンサンブル・ブリッランテ
・ども!ホルンりんくる
・46金5

★都内で活動する金管アンサンブル4団体が無料のコンサートをひらきます。

下町の小さな教会で、初夏の午後のひと時、金管楽器の響きを楽しみませんか♪

お散歩がてら、お気軽にお立ち寄りください!

★問い合わせ先 enjoy.brass.2015@gmail.com




The Band of the Black Colt 第53回定期演奏会 
日 時 2015年6月28日(日)
開場 午後1時30分
開演 午後2時
場 所 西東京市 保谷こもれびホール
    西武池袋線保谷駅より徒歩(所要時間約15分)
入場料 入場無料
指 揮 客演指揮 鈴木 肇 氏
元 救世軍 ジャパンスタッフバンド 音楽監督
曲 目  ・イントラーダ「あめつちなりし日」  作曲 K.Downie
 ・序曲「エクセルシア」  作曲 D.Bright
 ・ 「The Wondrous Story」  テナーホーン独奏
 ・「喜びの歌」  作曲 Beethoven
 ・ 「諸王の王」  作曲 Eric Ball
 ・「聖エゼルワルド」  作曲 L.Condon
 ・ 「Glory Be!」  トロンボーン4重奏
 ・ 「人生のページェント」  コルネット独奏
 ・「わが祖国」  編曲 G.Langford
 ・「いまの時代」  作曲 Leslie Condon

http://www.black-colt.com/

【コンサート題名】argentum ~中世末期の南フランスと北イタリア~


【出演】
歌: 阿部早希子
クラヴィシンバルム: 吉見伊代
オルガネット: 矢野薫
リコーダー・音楽監督: 守谷敦

【日時】2015年7月1日(水)
【場所】東京オペラシティ3F 近江楽堂
【入場料】全自由席 前売 3,500円 当日 4,000円

【Program】
◆Anthonello de Caserta: Tres nouble dame souverayne
アントネッロ・デ・カゼルタ: いと高き貴婦人
◆Philipoctus de Caserta: Espoir, dont tu m'as fayt partir
フィリポクトゥス・デ・カゼルタ: "希望"、お前が私を旅立たせた
◆Anthonello de Caserta: Amour m'a le cuer mis en tel martire
アントネッロ・デ・カゼルタ: "愛" が私の心を苦悩させる


【お問合せ】AM音楽事務所:04-2953-1459
【ホームページ】http://cathelljne.blogspot.com.es/2015/04/argentum.html

【Profile】
『Anthonello de Caserta と Philipoctus de Caserta 中世末期を代表する2 人の作曲家』

アントネッロ・デ・カゼルタ と フィリポクトゥス・デ・カゼルタ
は 14世紀末から15世紀初頭に掛けて活躍した作曲家だ。フィリポクトゥスは主に南フランス・アヴィニョンで、アントネッロは主にミラノを中心とする北イタ リアで活動した。フランスとイタリアという分類の仕方は、現代の私たちにこの2人の作品がその音楽スタイルにおいて両極にあるもののように感じさせる。し かしこの2人の作曲家の作品は、もちろんそれぞれの個性を保ちつつ、共にアルス・スブティリオルと呼ばれるスタイルによって書かれ、そこには確かに共通す る響きがある。本公演はイタリアやフランスといったときに今日の我々が想像する国境線による余りにも大枠的な、しかしよく信じられている分類が、実のとこ ろ簡単に乗り越えられてきた一例を示すだろう。


【団体名】主催 日本芸術センター
 【コンサート題名】第132回東京芸術センター定期演奏会
 【出演】ピアノ 川口 晃祐
 【日時】2015年9月27日
 【場所】東京芸術センター 天空劇場
 【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
 【Program】 詳細は添付フライヤーにて公開
 【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
 【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
 【Profile】添付フライヤーにて公開


【団体名】主催 日本芸術センター
 【コンサート題名】第131回東京芸術センター定期演奏会
 【出演】ピアノ 松岡優明
 【日時】2015年6月13日
 【場所】東京芸術センター 天空劇場
 【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
 【Program】 詳細は添付フライヤーにて公開
 【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
 【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
 【Profile】添付フライヤーにて公開


日本アルバン・ベルク協会/日本リヒャルト・シュトラウス協会共催

【加納悦子メゾ・ソプラノ リサイタル】

日 時:2015年6月14日(日)19時 ~ 21時

会 場:東京ドイツ文化センター OAGホール

出 演:加納 悦子(メゾ・ソプラノ)  長尾 洋史(ピアノ)  長木 誠司(レクチャー)

曲 目:リヒャルト・シュトラウス:西東詩集「不満の書」よりop.67-4,5,6

     アルバン・ベルク:若き日の歌、へ ッベルとモンベルトによる4つの歌   他



入場料:協会会員1,000円/一般2000円/学生1000円/協会学生無料

お問合せ:

日本アルバン・ベルク協会TEL&FAX:03-6261-1271 aberggj1985@mb.infoweb.ne.jp

日本リヒャルト・シュトラウス協会TEL:03-3582-1266 FAX:03-3582-1267 japanrs@tkk.att.ne.jp



【団体名】主催 日本芸術センター
【コンサート題名】第129回東京芸術センター定期演奏会
【出演】ヴァイオリン 清水公望
【日時】2015年4月25日
【場所】東京芸術センター 天空劇場
【入場料】一般2000円 学生1500円 全席自由
【Program】 詳細は添付フライヤーにて公開
【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
【Profile】添付フライヤーにて公開

 
コンセール21管弦楽団 第48回定期演奏会
2015年4月11日(土)18:30開演
■ドヴォルザーク/交響曲第8番 ト長調 op.88
■ベートーヴェン/「エグモント」序曲 op.84
■モーツァルト/交響曲第39番 変ホ長調 K.543
  指揮:山上 純司
  入場料:1,000円(全席自由・税込)

ホームページ http://park19.wakwak.com/~hshino/concert21/index.html

★ホームページ内にチケットプレゼントがございます。
また、ディスクユニオン神保町店にも招待券がございますので
ぜひお持ちください。

【団体名】主催 日本芸術センター
【コンサート題名】第128回東京芸術センター定期演奏会
【出演】ピアノ 土屋絵葉
【日時】2015年4月25日
【場所】東京芸術センター 天空劇場
【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
【Program】 詳細は添付フライヤーにて公開
【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
【Profile】添付フライヤーにて公開


【団体名】主催 日本芸術センター
 【コンサート題名】第127回東京芸術センター定期演奏会
 【出演】ピアノ 梅田智也
 【日時】2015年4月18日
 【場所】東京芸術センター 天空劇場
 【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
 【Program】 詳細は添付フライヤーにて公開
 【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
 【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
 【Profile】添付フライヤーにて公開


【団体名】主催 日本芸術センター
【コンサート題名】第126回東京芸術センター定期演奏会
【出演】ヴァイオリン 荒井優利奈
【日時】2015年4月11日
【場所】東京芸術センター 天空劇場
【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
【Program】二十歳の今 詳細は添付フライヤーにて公開
【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
【Profile】添付フライヤーにて公開


【団体名】NEC玉川吹奏楽団
【コンサート題名】第33回定期演奏会
【出演】指揮:稲垣征夫
【日時】2015年5月30日
【場所】ミューザ川崎シンフォニーホール
【入場料】S席1000円  A席 800円 B席500円
 (当日券は各席とも200円増し)
 【Program】
◆伊藤康英:吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」
◆レスピーギ(森田一浩編曲)リュートのための古い舞曲とアリア第三組曲より
◆A.リード:音楽祭のプレリュード
◆J.ウィリアムズ(ラヴェンダー編曲):ハリーの不思議な世界~映画「ハリーポッ
ター」より
◆久石譲(森田一浩編曲)ポルコ・ロッソ~映画「紅の豚」より
◆スーザ(フェネル校訂)マーチ「コーコラン・カデッツ」

【お問合せ】NEC玉川吹奏楽団事務局:044-435-1010
【ホームページ】http://www2s.biglobe.ne.jp/~kshin/tband/
【Profile】今回は、世界遺産登録に向けて注目の高まる長崎のキリシタンの歴史を
描いた名作「ぐるりよざ」。A.リードの人気作「音楽祭のプレリュード」。森田一浩
氏の名アレンジが光るレスピーギ作曲の「リュートのための古い舞曲とアリア第三組
曲」ほか、映画音楽、クラシックの名曲、行進曲などバラエティにとんだプログラム
で皆様のご来場をお待ちいたしております。よろしくお願いいたします。



【団体名】アンサンブル・アクチュアリテ
【コンサート題名】春ニ分カツ—ルネサンスの彩ったディミニューションの華—
【出演】
演奏:アンサンブル・アクチュアリテ
歌:竹田舞音・山下裕賀・島崎涼・堤智洋
リュート:佐藤亜紀子・上田朝子
オルガン:池谷瑞季、チェンバロ:石川友香理
リコーダー:大塚照道・菅沼起一(主宰・企画構成)
【日時】2015年3月25日(水)18時30分開場 19時00分開演
【入場料】一般3000円、学生2500円(全席自由)
【Program】
C. de. ローレ:おお、眠りよ(ボヴィチェッリのスタイルによる自作ディミ ニューション付)
L. ルッツァスキ:おお、春よ
グラウンド・バス上による即興演奏
F. ロニョーニ:「ああ、私はこんなに傷ついて」によるディミニューション
【お問合せ】
090-1227-9042、nisenoro51@gmail.com(菅沼)
【Profile】
春に送る、ルネサンス装飾祭り、ルネサンス音楽諸国巡り―
16、17世紀のヨーロッパでは、旋律の音価を細かく分割することで装飾する 「ディミニューション」という技法が隆盛を誇りました。この演奏 会では、各 国に残るディミニューション実践の足跡を、春にちなんだ歌と共に辿って行きま す。冬から春へと変わる季節、当時の資料、楽曲を調 べ、奏者自身による装飾 を試み、ルネサンスの美しい音楽を「分かち」ます。
【助成】武藤舞 音楽環境創造教育助成金


3月13日(金) 19時半、21時 
エスパス・ビブリオ第1回ライブ 佐藤亜紀子リュートコンサート
ESPACE BIBLIO 文明講座特別企画
ワインとともに味わうルネサンス・リュートの響き
白・赤お好きなビオワイン1杯付き、テーブルチャージ1500円

プログラム
1部 19時半より(ギャラリースペースにて) 
イギリスのルネサンス時代のリュート音楽をお届けします。

2部 21時より(カフェにて)
いろいろな国のルネサンス時代の曲などを演奏します。 


お問い合わせ、お申込みはESPACE BIBLO
03-6821-5703(月~土11:30-20:00 /日、祝休み)
email: info♪espacebiblio.superstudio.co.jp(♪を@にしてください)





【団体名】プティ・ヴィオロン
【コンサート題名】太陽王の愛した舞踏と音楽~ルイ14世没後300年~
【出演】金子浩(特別ゲスト・リュート)佐藤駿太(指揮)/
小林恵(ソプラノ)/鏑木綾(ソプラノ)/乙顔有希(アルト)/渡辺研一郎 (テノール)/高久桂(バス)/プティ・ヴィオロン(古楽アンサン ブ ル)
ダンス:岩佐樹里/澤田優子/武田牧子/三上夏子/熊田恵/聖和笙
【日時】2015年2月27日(金)18時30分開場 19時00分開演
【入場料】指定席:S席3500円 A席3000円 B席2500円
(当日券: S席4000円 A席3500円 B席3000円)
【Program】
ミシェル・ランベール:1,2,3,4声と通奏低音のためのエール集より「あ なたの蔑みは毎日」「私の恋人」
ミシェル=リシャール・ドラランド:第2ファンタジまたはカプリース(国王が たびたび所望した)
ジャン=バティスト・リュリ:アムールの勝利より「アポロンの勝利」
ジャン=バティスト・リュリ:ペルセ
ジャン=バティスト・リュリ:町人貴族
アンドレ・カンプラ:優雅なヨーロッパ
【お問合せ】asakofiev1953@gmail.com 090-4531-1953(上田)
【Profile】
昨年、パーセルの歌劇「ダイドーとエネアス」で好評を博した少数精鋭古楽アン サンブル「プティ・ヴィオロン」、待望の第2回公演。
今回は古典舞踏との共演と、新進気鋭の歌手と日本を代表するリュート奏者、金 子浩をゲストに迎えた総勢20名の豪華オーケストラで、その名にふさ わしいガ チ・フレンチ・プログラムをお送りいたします!
プティ・ヴィオロンとは
 佐藤駿太が主宰する、古楽アンサンブル。名称の由来はジャン=バティスト・ リュリが率いた精鋭楽団(Petits Violons)より。その名の通り少数精鋭による 質の高いアンサンブルを目指し、主にバロック時代フランスのレパートリーを中 心に活動を展開している。
プティ・ヴィオロン:
Dessus de Violon
出口実祈
阪永 珠水
吉田爽子
Haute-contre de Violon
石井弓奈
高橋奈緒
Taille de Violon
長山恵理子
後藤作樂
Quvinte de Violon
丸山 韶
宮崎 美里
Basse de Violon
折口未桜* (ヴィオラ・ダ・ガンバBasse de Viole)
大軒由敬(チェロVioloncelle)
山田慧(チェロVioloncelle)
リコーダーFlute a bec
菅沼起一
大塚照道
オーボエHautbois
荒井豪
北康乃
ファゴットBasson
守屋有紀
チェンバロClavecin
石川友香理*
バロック・ギターGuitare baroque/テオルボTheorbe
金子浩(特別ゲスト)*
上田朝子*
*…通奏低音



星野義浩&八坂雅啓 デュオ・リサイタル
【出演】
ヴァイオリン:星野義浩/ピアノ:八坂雅啓
 【日時】
2015年1月22日
 【場所】
代々木の森 リブロホール1F
<アクセス>
チラシに記載の通り。
【入場料】
全席自由 ¥2,000
 【Program】
フェリックス・メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 op.4
ロベルト・シューマン:幻想小曲集 op.73
クララ・シューマン:3つのロマンス op.22
ヨハネス・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 op.100
【お問合せ】
チケット予約・お問い合わせ専用メールアドレス:
ym-piano@hotmail.com

【コンサート題名】 Beethoven×瀬川玄 ピアノリサイタル ~さようなら津田ホールありがとう~

【出演】 ピアノ:瀬川 玄

【日時】 2015年2月14日(土)13:30開場 14:00開演

【場所】 津田ホール
http://tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm


【入場料】 全自由席  3300円

 【Program】  L.v.ベートーヴェン
《ピアノソナタ 第8番作品13「悲愴」》
《ピアノソナタ 第21番 ハ長調 作品53「ワルトシュタイン」》
《ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a「告別」》
《ピアノソナタ 第32番 ハ短調 作品111
 
【チケットお取り扱い】
◆e+(エープラス)
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002143521P0030001P0006 
(インターネット、およびファミリーマートでチケット購入可能)
◆津田ホールチケットセンター Tel: 03-5355-1299
◆コンリベルタ イベントマネージメント Tel: 046-866-3792 E-mail info@conliberta.com
 
【お問合せ】 コンリベルタ イベントマネージメント Tel: 046-866-3792 E-mail info@conliberta.com
 
【主催】 Klang Der Musikコンサート・マネージメント

【ホームページ:公式サイト】 
http://artist.musicinfo.co.jp/~gensegawa/zalle%20HOME.htm

【ブログ:音楽家・ピアニスト 瀬川 玄「ひたすら音楽」】 
http://blog.goo.ne.jp/pianist-gensegawa

【Profile】 瀬川玄 Gen Segawa
静岡県浜松市に生まれ、父親の転勤に伴い幼少年期をアメリカ、ドイツ、フランスで過ごす。日本帰国後、16歳の時にはじめてのソロリサイタルを開く。音楽の道を志しながらもあえて幅広い芸術全般を学ぶ為、成城大学文学部芸術学科に籍を置き、定期的にソロリサイタルを行う。卒業後ドイツのヴァイマール・フランツ・リスト音楽大学にてドイツ・クラシック音楽の伝統を継承する名匠クラウス・シルデに師事し、2007年に優秀な成績で卒業。在学中に全9回に渡るベートーヴェン・ピアノソナタ全32曲連続演奏会を成し遂げる。留学を終えた日本帰国後は、ソロリサイタルをはじめ、サロンコンサート、室内楽、歌曲伴奏、コーラス伴奏、オーケストラとの協演、そしてレッスンやワークショップなど独自の
活動を展開している。2010年春より、東京・表参道のMFYサロンにてクラシック音楽道場を主催。2012年のドビュッシー生誕150年に際しては一年をかけてピアノ独奏曲全曲演奏を達成、翌年には全曲単日演奏に成功する。

クラシック・ニュースのHPにて、コンサートに対する想いの撮影された映像が
YouTubeにアップされております。こちらもぜひご覧ください。
【クラシック・ニュース】
http://youtu.be/PuJZ4Ap0A8E

モンセラートの朱(あか)い本
Llibre Vermell de Montserrat 


日時 2015年2月6日(金)午後7時開演 (6時開場)
場所 東京カテドラル聖マリア大聖堂
所在地   東京都 文京区 関口3丁目16‐15
バス利用 JR目白駅から「新宿西口行き」三井銀行前から乗車 関口3丁目(椿山荘前)下車
地下鉄  有楽町線「護国寺駅」下車 南口講談社側から 徒歩10分

料金 3,500円(全自由席)

音楽監督 指揮&編曲 濱田芳通 (Hamada Yoshimichi)
ソプラノ 澤村翔子(Sawamura Shouko)
アルト 細岡ゆき(Hosooka Yuki)
テノール 中嶋克彦(Nakashima Katuhiko)
器楽 アントネッロ (Anthonello)
リコーダー&コルネット 濱田芳通 (Hamada Yoshimichi)
中世フィーデル 石川かおり (Ishikawa Kaori)
中世ハープ&オルガネット 西山まりえ (Nishiyama Marie)
パーカッション 濱元智行 (Hamamoto Chiyuki)
ショーム&リコーダー 古橋潤一 (Furuhashi Jun-ichi)
スライド・トランペット 宮下宣子 (Miyashita Nobuko)
プサルテリー 矢野 薫 (Yano Kaoru)
合唱 ラ・ヴォーチェ・オルフィカ (La Voce Orfica)  

HP:
http://www.ne.jp/asahi/voce/home/












◆SHOP PROFILE◆
店舗名:
ディスクユニオン神保町店
所在地:


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051
千代田区神田神保町1-4 2F

TEL(代表):03-3296-1561
(神保町店クラシックご指名下さい)

営業時間:11:00~21:00
  (日祝11:00~20:00)

e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!

【メールマガジン会員募集中】
こちらをクリック>>

◆blog内検索◆
連日積み上がる膨大な入荷リストの中からお探しのアーティスト/タイトルを狙い撃ち!
◆バーコード◆
◆カレンダー◆
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3
8 9 10
15 16
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31