日本で最も知的な街のクラシック最先端 神保町店クラシック 最新情報!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
【団体名】プティ・ヴィオロン
【コンサート題名】太陽王の愛した舞踏と音楽~ルイ14世没後300年~
【出演】金子浩(特別ゲスト・リュート)佐藤駿太(指揮)/
小林恵(ソプラノ)/鏑木綾(ソプラノ)/乙顔有希(アルト)/渡辺研一郎 (テノール)/高久桂(バス)/プティ・ヴィオロン(古楽アンサン ブ ル)
ダンス:岩佐樹里/澤田優子/武田牧子/三上夏子/熊田恵/聖和笙
【日時】2015年2月27日(金)18時30分開場 19時00分開演
【入場料】指定席:S席3500円 A席3000円 B席2500円
(当日券: S席4000円 A席3500円 B席3000円)
【Program】
ミシェル・ランベール:1,2,3,4声と通奏低音のためのエール集より「あ なたの蔑みは毎日」「私の恋人」
ミシェル=リシャール・ドラランド:第2ファンタジまたはカプリース(国王が たびたび所望した)
ジャン=バティスト・リュリ:アムールの勝利より「アポロンの勝利」
ジャン=バティスト・リュリ:ペルセ
ジャン=バティスト・リュリ:町人貴族
アンドレ・カンプラ:優雅なヨーロッパ
【お問合せ】asakofiev1953@gmail.com 090-4531-1953(上田)
【Profile】
昨年、パーセルの歌劇「ダイドーとエネアス」で好評を博した少数精鋭古楽アン サンブル「プティ・ヴィオロン」、待望の第2回公演。
今回は古典舞踏との共演と、新進気鋭の歌手と日本を代表するリュート奏者、金 子浩をゲストに迎えた総勢20名の豪華オーケストラで、その名にふさ わしいガ チ・フレンチ・プログラムをお送りいたします!
プティ・ヴィオロンとは
 佐藤駿太が主宰する、古楽アンサンブル。名称の由来はジャン=バティスト・ リュリが率いた精鋭楽団(Petits Violons)より。その名の通り少数精鋭による 質の高いアンサンブルを目指し、主にバロック時代フランスのレパートリーを中 心に活動を展開している。
プティ・ヴィオロン:
Dessus de Violon
出口実祈
阪永 珠水
吉田爽子
Haute-contre de Violon
石井弓奈
高橋奈緒
Taille de Violon
長山恵理子
後藤作樂
Quvinte de Violon
丸山 韶
宮崎 美里
Basse de Violon
折口未桜* (ヴィオラ・ダ・ガンバBasse de Viole)
大軒由敬(チェロVioloncelle)
山田慧(チェロVioloncelle)
リコーダーFlute a bec
菅沼起一
大塚照道
オーボエHautbois
荒井豪
北康乃
ファゴットBasson
守屋有紀
チェンバロClavecin
石川友香理*
バロック・ギターGuitare baroque/テオルボTheorbe
金子浩(特別ゲスト)*
上田朝子*
*…通奏低音



星野義浩&八坂雅啓 デュオ・リサイタル
【出演】
ヴァイオリン:星野義浩/ピアノ:八坂雅啓
 【日時】
2015年1月22日
 【場所】
代々木の森 リブロホール1F
<アクセス>
チラシに記載の通り。
【入場料】
全席自由 ¥2,000
 【Program】
フェリックス・メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 op.4
ロベルト・シューマン:幻想小曲集 op.73
クララ・シューマン:3つのロマンス op.22
ヨハネス・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 op.100
【お問合せ】
チケット予約・お問い合わせ専用メールアドレス:
ym-piano@hotmail.com

【コンサート題名】 Beethoven×瀬川玄 ピアノリサイタル ~さようなら津田ホールありがとう~

【出演】 ピアノ:瀬川 玄

【日時】 2015年2月14日(土)13:30開場 14:00開演

【場所】 津田ホール
http://tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm


【入場料】 全自由席  3300円

 【Program】  L.v.ベートーヴェン
《ピアノソナタ 第8番作品13「悲愴」》
《ピアノソナタ 第21番 ハ長調 作品53「ワルトシュタイン」》
《ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a「告別」》
《ピアノソナタ 第32番 ハ短調 作品111
 
【チケットお取り扱い】
◆e+(エープラス)
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002143521P0030001P0006 
(インターネット、およびファミリーマートでチケット購入可能)
◆津田ホールチケットセンター Tel: 03-5355-1299
◆コンリベルタ イベントマネージメント Tel: 046-866-3792 E-mail info@conliberta.com
 
【お問合せ】 コンリベルタ イベントマネージメント Tel: 046-866-3792 E-mail info@conliberta.com
 
【主催】 Klang Der Musikコンサート・マネージメント

【ホームページ:公式サイト】 
http://artist.musicinfo.co.jp/~gensegawa/zalle%20HOME.htm

【ブログ:音楽家・ピアニスト 瀬川 玄「ひたすら音楽」】 
http://blog.goo.ne.jp/pianist-gensegawa

【Profile】 瀬川玄 Gen Segawa
静岡県浜松市に生まれ、父親の転勤に伴い幼少年期をアメリカ、ドイツ、フランスで過ごす。日本帰国後、16歳の時にはじめてのソロリサイタルを開く。音楽の道を志しながらもあえて幅広い芸術全般を学ぶ為、成城大学文学部芸術学科に籍を置き、定期的にソロリサイタルを行う。卒業後ドイツのヴァイマール・フランツ・リスト音楽大学にてドイツ・クラシック音楽の伝統を継承する名匠クラウス・シルデに師事し、2007年に優秀な成績で卒業。在学中に全9回に渡るベートーヴェン・ピアノソナタ全32曲連続演奏会を成し遂げる。留学を終えた日本帰国後は、ソロリサイタルをはじめ、サロンコンサート、室内楽、歌曲伴奏、コーラス伴奏、オーケストラとの協演、そしてレッスンやワークショップなど独自の
活動を展開している。2010年春より、東京・表参道のMFYサロンにてクラシック音楽道場を主催。2012年のドビュッシー生誕150年に際しては一年をかけてピアノ独奏曲全曲演奏を達成、翌年には全曲単日演奏に成功する。

クラシック・ニュースのHPにて、コンサートに対する想いの撮影された映像が
YouTubeにアップされております。こちらもぜひご覧ください。
【クラシック・ニュース】
http://youtu.be/PuJZ4Ap0A8E

モンセラートの朱(あか)い本
Llibre Vermell de Montserrat 


日時 2015年2月6日(金)午後7時開演 (6時開場)
場所 東京カテドラル聖マリア大聖堂
所在地   東京都 文京区 関口3丁目16‐15
バス利用 JR目白駅から「新宿西口行き」三井銀行前から乗車 関口3丁目(椿山荘前)下車
地下鉄  有楽町線「護国寺駅」下車 南口講談社側から 徒歩10分

料金 3,500円(全自由席)

音楽監督 指揮&編曲 濱田芳通 (Hamada Yoshimichi)
ソプラノ 澤村翔子(Sawamura Shouko)
アルト 細岡ゆき(Hosooka Yuki)
テノール 中嶋克彦(Nakashima Katuhiko)
器楽 アントネッロ (Anthonello)
リコーダー&コルネット 濱田芳通 (Hamada Yoshimichi)
中世フィーデル 石川かおり (Ishikawa Kaori)
中世ハープ&オルガネット 西山まりえ (Nishiyama Marie)
パーカッション 濱元智行 (Hamamoto Chiyuki)
ショーム&リコーダー 古橋潤一 (Furuhashi Jun-ichi)
スライド・トランペット 宮下宣子 (Miyashita Nobuko)
プサルテリー 矢野 薫 (Yano Kaoru)
合唱 ラ・ヴォーチェ・オルフィカ (La Voce Orfica)  

HP:
http://www.ne.jp/asahi/voce/home/


日本リヒャルト・シュトラウス協会
【山田武彦ピアノ・リサイタル】

「ピアノ編曲版によるリヒャルト・シュトラウスの作品」と題しまして、管弦楽曲の
ピアノ編曲版を含む曲をお届けいたします。

日 時:2015年2月8日(日)19時 ~21時
会 場:ドイツ文化センター OAGホール
曲 目:13管楽器のためのセレナーデ(ピアノ編曲:R.シュトラウス)
     死と変容 (ピアノ編曲:O.ジンガー)
     ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯(ピアノ編曲:山田武彦)
    ピアノ・ソナタh-moll op.5 
                       他
出 演:山田武彦

入場料:一般3,000円(R.シュトラウス協会年誌付き)
     学生1,000円
     R.シュトラウス協会会員1,000円 

お問合せ:日本リヒャルト・シュトラウス協会(平日13:00-17:00)
TEL: 03-3582-1266 FAX:03-3582-1267 E-mail:japanrs@tkk.att.ne.jp


第52回定期演奏会
日時 2015年1月11日(日)
開場 午後1時30分   開演 午後2時00分
〒202-0013 東京都西東京市中町1-5-1 TEL 042-421-1919
指揮 長坂 利一
曲目 【第1部】
旧友行進曲(タイケ)
ジプシー男爵(シュトラウス)
「ファシリータ」 コルネット独奏 (ハートマン)
エニグマ変奏曲より第9変奏曲「ニムロッド」(エルガー)
ヴァイキング(スパーク)
【第2部】
軍艦行進曲(瀬戸口 藤吉)
ソナタ・バロッコ(諏訪 雅彦)
アルジェのイタリア女(ロッシーニ)
「赤トンボ」 ユーフォニウム2重奏(編曲 山本武雄)
クラウン・インペリアル(ウォルトン)
http://www.black-colt.com/index.htm

☆The Band of the Black Colt(BBC)は、
1976年(昭和51年)10月に東京銀座のヤマハで産声をあげた、
市民バンドでは日本で最も歴史のある英国スタイルの金管バンドです。
第35回定期演奏会

日時:2015年1月11日(日) 13:30開場 14:00開演
会場:横浜みなとみらいホール 小ホール
Director:山田裕治
出演:トロンボナンザ2015

曲目:
J.シュトラウス2世/ワルツ「南国のバラ」
J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン パルティータ第2番より「シャコンヌ」
リムスキー・コルサコフ/トロン蜂の飛行
S.フェルヘルスト/6.35
他 トロンボーン4重奏〜12重奏
入場料:全席自由 700円

私たちトロンボナンザは、山田裕治先生、東京工業大学管弦楽団のメンバーを中心に1980年に始まったアマチュアトロンボーンアンサンブルの団体です。
現在は、山田先生のご指導のもと、学生から社会人まで幅広い層のメンバー約30人で、年1回の定期演奏会を中心に活動しています。
トロンボーンアンサンブル・トロンボナンザの演奏会の特徴は、大編成(20人〜30人)のアンサンブルを必ず取り上げていることです。
大編成ではオリジナルの曲や、オーケストラ、オルガンの作品からの編曲も多く演奏してきました。また、それ以外にも、ポピュラー、クラシック、オリジナルの四重奏・八重奏や、打楽器、オルガン付きの曲も演奏しています。
http://www.trombonanza.org/

【団体名】主催 日本芸術センター
【コンサート題名】第124回東京芸術センター定期演奏会
【出演】ピアノ 太田沙耶
【日時】2015年1月10日
【場所】東京芸術センター 天空劇場
【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
【Program】 リスト 超絶技巧練習曲集 全曲
【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
【Profile】添付フライヤーにて公開





カメラータ・ムジカーレ 第54回演奏会
「バロック・コンサート」

日時
2015年3月29日(日) 開演14:00(開場13:30)

会場
ラトリエ(L'atelier)
東京都渋谷区東1-26-30 渋谷イーストビル1F
渋谷駅JR東口より8分 16番出口より6分
Tel.03-6427-1088

入場料 1,500円 全席自由

曲目
バッハ/ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調(室内楽版)
バッハ/パルティータ 第2番 ハ短調
ヘンデル/歌劇「リナルド」 序曲
ヴィヴァルディ/リコーダー協奏曲 ヘ長調 RV442
クープラン/トリオ・ソナタ「ル・パルナスまたはコレッリ賛」
ほか

出演
カメラータ・ムジカーレ
山本勉(リコーダー)
曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ)
小川恒行(バロック・オーボエ)
石野典嗣(オーボエ・ダ・カッチャ)
大澤信行、角田幹夫(バロック・ヴァイオリン)
渡辺比登志(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
和田章(チェンバロ)

お問い合せ
http://sound.jp/camerata/
w.h.gamba-0714@w.email.ne.jp(渡辺)


【団体名】プリモ アンサンブル東京

【コンサート題名】第27回定期公演
【出演】指揮:上原 圭詞
【日時】2015年1月25日(日)開場13:00 開演14:00
【場所】文京シビックホール 大ホール

<アクセス>
・東京メトロ丸ノ内線、南北線:後楽園駅下車、徒歩約1分
・都営地下鉄三田線、大江戸線:春日駅下車、徒歩約1分
・JR総武線、中央線:水道橋駅下車、徒歩約10分

【入場料】一般 ¥1,000 小学生以下無料(全自由席)
※未就学児の客席への入場はご遠慮下さい。

【Program】
◆G.ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
◆O.ニコライ:歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
◆P.デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
◆伊藤康英:コラール前奏曲「おお、人よ、汝の罪の大いなるを嘆け」による幻想曲
◆井澗昌樹:恋す蝶
◆清水大輔:すべての答え

【お問合せ】アートミュージック:03-6382-9675
【ホームページ】http://www.doremi.or.jp/primo/

【Profile】
こんにちは。プリモ アンサンブル東京と申します。
私たちは東京都内で活動している一般吹奏楽団です。
この場をお借りして、演奏会のご案内をさせていただきます。
ご多忙中とは存じますが、皆様のお越しを団員一同心よりお待ち申し上げます。

また、チラシの挟み込みも受け付けておりますので、
ご希望の際は、御連絡の程、宜しくお願い申し上げます。
チラシ挟みのご依頼:primo-info@doremi.or.jp


【団体名】ネーモー・コンチェルタート
【コンサート題名】ネーモー・コンチェルタートの谷川俊太郎特集
【出演】ネーモー・コンチェルタート:辻康介(歌)鈴木広志(サックス)根本卓也 
(チェンバロ)
【日時】2014年11月6日19時30分開演(19時開場)
【場所】いずるば
(東急多摩川線「沼部駅」徒歩5分:大田区田園調布本町38-8)
【入場料】¥3,000-(当日3500円)
【Program】主な曲目:スーパーマン おぼうさん うんこ なんでもおまんこ ポルノ 
バッハ しぬまえにおじいさんのいったこと 花屋さん 果物屋さん あなたはそこに  
つるつるとざらざら これが私の優しさです
【お問合せ】 ダ・ネーモー:nemotsuji@mac.com <mailto:nemotsuji@mac.com
070-6525-0772
【ホームページ】http://bit.ly/141106nemo
【Profile】ネーモー・コンチェルタートnemo concertato
古楽器奏者と様々ジャンルの音楽家がいろんな楽器を組み合わせて演奏するグループ。辻 
康介が主催して2011年頃から様々な編成で活動。最近はこの三人の編成でオリジナル作品 
を中心に演奏している。

辻康介 歌
「オルフェオの冥界下り」(安田登構成)、ジョングルール・ボン・ミュジシャン「時を 
かけるジョングルール」(大岡淳演出)、モンテヴェルディ作曲「オル フェオ」(宮城 
聡演出・主役)などを歌う。1600年頃のイタリア音楽を専門とするが、様々なジャンルの 
音楽を歌う。イタリアルネサンス音楽は独自訳でも 歌う。「南蛮ムジカ」「ネーモー・ 
コンチェルタート」などを主宰。声楽を牧野正人、クラウディオ・カヴィーナにらに師 
事。 http://plaza.rakuten.co.jp/nemotsuji/

鈴木広志 サックス
東京芸術大学器楽科サクソフォン専攻を卒業。クラシック、ジャズ、ワールドミュージッ 
クの世界でボーダーレスに活動。チャンチキトルネエド、東京中低域、 清水靖晃&サキ 
ソフォネッツ、大友良英スペシャルビックバンド等でも活躍。コンサートの企画やCD参加 
も多数。NHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」で はサックスとリコーダーの演奏を担当 
し、関連コンサートやNHK紅白歌合戦に出場。http://suzuki-hiroshi.com/

根本卓也 チェンバロ
東京芸術大学指揮科(修士課程)修了後、渡仏。レンヌ地方音楽院にてチェンバロ及びオ 
ルガンの国家ディプロマを取得後、リヨン国立高等音楽院通奏低音科を 卒業。現在は活 
動拠点を日本に移し、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとしての仕事の傍ら、古楽器で 
の演奏活動も精力的に行う。作曲家としても、仏 Delatour社よりこれまでオルガンの為 
に2作品を出版。声楽・オルガン・邦楽器アンサンブルの為の作品を中心に手がけてい 
る。和楽団「煌」所属。


【団体名】守谷敦

【コンサート題名】convex mirror ~時代を映す凸面鏡~

【出演】
歌: 阿部早希子
クラヴィシンバルム: 吉見伊代
オルガネット: 矢野薫
リコーダー・音楽監督: 守谷敦

【日時】2015年1月23日(金)
【場所】東京オペラシティ3F 近江楽堂
【入場料】全自由席 前売 3,500円 当日 4,000円

【Program】
◆Gilles Binchois: Tristre plaisir et douleureuse yoie
ジル・バンショア: 悲しき喜びと辛き楽しみ
◆Guillermus Malbecque: Adieu vous di
ギヨーム・マルベク: あなた方に別れを
◆Nicolaus Grenon: Se je vous ay bien loyalment amee
ニコラス・グレノン: もしあなたを深く愛したなら

【お問合せ】AM音楽事務所:04-2953-1459
【ホームページ】http://cathelljne.blogspot.fr/2014/10/convex-mirror_22.html

【Profile】
『中世の秋とルネサンスの春 重なり合う2つの季節』

15世紀初頭の代表的な音楽写本であるオックスフォード213写本は300曲を超える楽曲を収録している。この時代、音楽は中世からルネサンスに移り変わろうとしていたが、この写本はまさにその瞬間を捉えている。
時期を同じくして1434年に画家ファン・アイクの代表作の1つである『アルノルフィーニ夫妻の肖像』が完成する。その画面の奥には精密な凸面鏡が描かれ、小さな鏡の中には画面全体のパノラマが映し出されている。
本公演ではこのオックスフォード213写本を、中世からルネサンスへ移り変わる時代を映す凸面鏡と捕らえることで、この特殊な時代の音楽を緻密に、かつ全体的に展望することを試みる。

 
【団体名】主催 日本芸術センター
【コンサート題名】第121回東京芸術センター定期演奏会
【出演】ピアノ 太田実花
【日時】2014年11月8日
【場所】東京芸術センター 天空劇場
【入場料】一般2000円 学生1500円 全席事由
【Program】 リスト 超絶技巧練習曲集 全曲
【お問合せ】東京芸術センター 事務局:0570-010161
【ホームページ】http://www.art-center.jp/tokyo/index.html
【Profile】添付フライヤーにて公開


【団体名】プティ・ヴィオロン
【コンサート題名】オペラ「ダイドーとエネアス」
【出演】
指揮:佐藤駿太
演奏:プティ・ヴィオロン
ダイドー:鈴木麻由
エネアス:平澤巧
魔女:福島千尋
ベリンダ:清水理沙
第二の侍女:岡崎陽香
精霊:品村紗佑里
水夫:野村京右
合唱:フォーラ・ディ・ノヴェンブル
ヴァイオリン、ヴィオラ:出口実祈、長山恵理子、石井弓奈、阪永珠水、和田泰
平、川上拓人
チェロ:松本亜優、大軒由敬
リコーダー:菅沼起一、大塚照道
ヴィオローネ:杉木華子
チェンバロ:石川友香里
テオルボ:上田朝子

【日時】2014年11月18日
【場所】大田区民プラザ小ホール
【入場料】全席自由
前売:4000円
当日:4500円
【Program】
パーセル:オペラ「ダイドーとエネアス」日本語字幕付き上演
【お問合せ】
e-mail: asakofiev1953@gmail.com 
(上田朝子)
090-4531-1953
【ホームページ】
https://www.facebook.com/events/750006345058944/
【Profile】

*プティ・ヴィオロンとは…
佐藤駿太が主宰する、今回公演より活動開始の古楽アンサンブル。名称の由来は
ジャン=バティスト・リュリが率いた精鋭楽団(Petits Violons)より。
その名の通り少数精鋭による質の高いアンサンブルを目指し、主にバロック時代
フランスのレパートリーを中心に活動を展開する予定。
あらすじ…トロイ ア戦争に敗れ、国を再建するべく祖先の地イタリアを目指すト
ロイア王子エネアスは、嵐により旗艦が難破し北アフリカのカルタゴに漂着しま
す。同じ く祖国を追われ、まだカルタゴに新しく国を興したばかりの女王ダイ
ドーはエネアスに同情し歓待しますが、やがて二人は互いに愛し合うようになり
ま す。人々は二人の愛を祝福しますが、栄えあるものを恨む魔法使いと魔女た
ちはこの愛を引き裂き、ダイドーを破滅させようと画策、ジュピターの使者 で
ある精霊(マーキュリー)に化け、エネアスにすぐさまカルタゴを出発するよう
偽の命令を告げます…。



田中英明テノールリサイタル
開催日 2014年11月9日(日)
時間 開場16:15    開演17:00
座席種別 自由席 料金前売 4,000円当日 4,500円
申込方法
ヴォーチェ・ローザ事務局でのご予約・お申込み方法
・TEL 03-6657-5151
出演
田中英明(Ten)、柴田かんな(Pf)
演奏曲目
ヘンデル/歌劇“セルセ”より「樹木の陰で(ラルゴ)」
ファゾーロ/望みを変えよ
グルック/歌劇“パリーデとエレーナ”より「ああ 私のやさしい情熱が」
注意事項
※都合により出演者、曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※チケット料金には消費税が含まれております。

<法政大学交響楽団 第132回定期演奏会>
■日時  2014年11月8日(土) 17:30開場 18:30開演  
■会場 東京芸術劇場 コンサートホール
<アクセス>
・JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。
駅地下通路2b出口と直結しています。
■曲目
チャイコフスキー/交響曲第4番 ヘ短調 Op.36
チャイコフスキー/組曲「くるみ割り人形」
ヨハン・シュトラウスⅡ世/喜歌劇「こうもり」序曲
■指揮 濱本広洋
■チケット購入方法について
チケットぴあにて販売開始します。
・Pコード/239-998
・指定席
・販売期間/2014/9/8(月)10:00~2014/11/4(火)まで 
・当日券の販売もございます。
・大学への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
浦和フィルハーモニー管弦楽団 第57回定期演奏会
日時     2014年10月13日(月曜日)
13時30分開場、14時開演
会場     彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
曲目     シベリウス:交響曲第2番
グリーグ:「ペール・ギュント」第1組曲
シベリウス:「カレリア」序曲
指揮     佐藤寿一(当団音楽監督)
チケット情報     全席指定 1,500円 高校生以下入場無料(要事前予約)
9月6日(土)販売開始
・ちけっとぽーと 予約センター
 03-5561-9001(平日10:00-18:00)
 販売店:大宮店(大宮ソニックシティホール1F)
     池袋店(池袋パルコ本館6F)
・彩の国さいたま芸術劇場
 048-858-5500(窓口販売のみ 休館日を除く9:00-18:00)

※未就学児の入場はご遠慮下さい。臨時託児所(有料、要事前予約)を設けます。
※会場の駐車台数には限りがあります。 ご来場の際は出来る限り公共交通機関をご利用下さい
後援     さいたま市教育委員会
お問い合わせ     浦和フィル事務局 浦和フィルハーモニー管弦楽団
 庄子(しょうじ) 電話:070-5452-4754(PHS)

リヒャルト・シュトラウス生誕150周年/日本リヒャルト・シュトラウス協会創立30周年記念
【日本リヒャルト・シュトラウス協会特別演奏会】

日本リヒャルト・シュトラウス協会は、リヒャルト・シュトラウス生誕150周年と日
本リヒャルト・シュトラウス協会創立30周年を記念して、日本におけるシュトラウス
演奏の第一人者による特別演奏会を開催致します。演奏に先立ち、元南ドイツ新聞特
派員のヒールシャー氏より、ジャーナリストの視点からシュトラウスの実像に迫るお
話も伺います。


日時:2014年11月16日(日)19:00開演
会場:サントリーホール ブルーローズ

◇基調講演「リヒャルト・シュトラウスの実像」講師:ゲプハルト・ヒールシャー
(元南ドイツ新聞特派員)

◇特別演奏会
出演:佐々木典子(ソプラノ)、安井陽子(ソプラノ)、小林由佳(メゾソプラノ)、
小森輝彦(バリトン)、服部容子(ピアノ)
曲目:リヒャルト・シュトラウス作曲
   歌劇《ナクソス島のアリアドネ》より ツェルビネッタのアリア
   楽劇《サロメ》より サロメとヨハナーンのシーン
   歌劇《火の消えた街》より クンラートのシーン
   歌劇《ばらの騎士》より 冒頭のシーン、ばらの献呈、終幕の三重唱

全席自由:一般3,000円、一般学生1,000円 / 協会会員1,000円、協会会員学生無料
【抽選で50名の学生を無料ご招待します】
氏名・住所・電話番号・所属の教育機関名(大学名等)をご記入の上、協会宛
(E-mail:japanrs@tkk.att.ne.jp)にメールにてご応募下さい。締切は10月16日。抽
選結果は、チケットの発送をもってかえさせていただきます。尚、ご記入いただいた
個人情報はご応募に関するお客様との連絡のみに利用させていただきます。
助成:一般社団法人東京倶楽部
お問合せ:日本リヒャルト・シュトラウス協会 (平日13:00-17:00)
TEL: 03-3582-1266 FAX: 03-3582-1267 E-mail: japanrs@tkk.att.ne.jp


【団体名】原沢未来
【コンサート題名】THE PIANO WOMAN IV フィリップ・グラス
『めぐりあう時間たち(THE HOURS』原沢未来ピアノ・リサイタル
【出演】ピアノ:原沢未来
【日時】2014年10月29日
【場所】l’atelier by APC (ラトリエ by APC )
【入場料】¥2500
【Program】 
◆バッハ/ルートハルト:ピアノ協奏曲第1番ニ短調 
◆ピアソラ:オブリヴィオン(忘却)
◆ピアソラ:アディオス・ノニーノ(タンゴ・ラプソディー)
◆フィリップ・グラス :『めぐりあう時間たち』より
・THE  POET ACTS / ポエット・アクツ
・MORNING PASSAGES /  モーニング・パッセージ
・I’M GOING TO MAKE A CAKE / ケーキを作りましょう
・DEAD THINGS / デッド・シングス
・WHY DOES SOMEONE HAVE TO DIE / なぜ誰かが死ななければならない
・TEARING HERSELF AWAY / ティアリング・ハーセルフ・アウェイ
・ESCAPE /  逃避
・CHOOSING LIFE / 人生の選択
・THE HOURS / めぐりあう時間たち


【お問合せ】mickpianooffice@yahoo.co.jp <mailto:mickpianooffice@yahoo.co.jp>   
ミックピアノオフィス事務局:080-4674-2035
【ホームページ】http://mikiharasawa.blog137.fc2.com/blog-entry-36.html
【Profile】1999年よりドイツ・フライブルク国立音楽大学ピアノ科で学び、2003年より 
フランクフルト国立音楽大学ピアノ科にてヤコフ・ミルシュタインの高弟であるイリー 
ナ・エーデルシュタインに師事。
2007年同大学演奏家ディプロマコース卒業。2008年よりドレスデン国立音楽大学大学院で 
ソリストコースに学び、レフ・オボーリンとヤコフ・ザークの弟子であるウィンフリー 
ト・アペルに師事。2010年同大学大学院博士課程卒業。ドイツ国家演奏家資格取得。
2002年、ドイツ・“ヤング・インターナショナル・ゾリステン・コブレンツ”に出演。同年 
イフラヴァで行われたチェコスロバキア・マーラー国際フェスティヴァルでのボヘミア国 
際ピアノコンクール3位入賞。2003年、イタリア・第六回マウロ・パオロ・モノポリー国 
際ピアノコンクールにてファイナリスト・ディプロマ受賞。2006年ドイツ・シュレスヴィ 
ヒ・ホルシュタイン・フェスティヴァル・マスタークラスをエリザベート・レオンスカヤ 
の下で修了。これまでにドイツをはじめフランス、チェコスロバキア、シチリアなどの数 
多くのフェスティヴァル・演奏会等に出演。2006〜2010年までフランクフルト近郊ラー 
ン・ディル・アカデミー市民大学、及びフランクフルト市民大学講師。2009年より“THE 
PIANO WOMAN ”シリーズ開始。2012~2014まで文化学院非常勤講師。現在、ソロや伴奏で 
の活動の他、後進の指導にもあたっている。


【団体名】オーケストラ・トリプティーク
【コンサート題名】
【音で味わう日本の美】
伊福部昭生誕100年記念「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠たち」
【出演】指揮:水戸博之/ピアノ:海瀬京子/フルート:向井理絵、ヴィオラ:
伊藤美香、箏:藤川いずみ、企画構成:西耕一
【日時】2014年9月13日
【入場料】全席自由(一般):3,500円 全席自由(学生):1,500円 全席自由
(高校生以下):1,000円
※当日は各種500円増し。
【Program】
・伊福部昭:絃楽オーケストラのための日本組曲(1998)
1934年のピアノ組曲から54年を経ての絃楽版、ひたすらにデビュー作へこだわっ
た伊福部昭の辿り着いた境地とは?
・黛敏郎:フルート、ピアノ、弦楽のためのセレナードファンタスティック
(1946/東京初演)
(フルートソロ:向井理絵)
17歳の黛青年が颯爽と天才を発揮した意欲作。第2楽章は未完。近年発見され話
題となった曲の東京初演。
・松村禎三:ピアノと弦楽オーケストラのための朝の歌(2001)
(ピアノソロ:海瀬京子)
晩年の松村禎三による研ぎ澄まされた感覚が冴え渡るピアノ協奏曲。
・水野修孝:ヴィオラ協奏曲(委嘱初演)
(ヴィオラソロ:伊藤美香)
美しいメロディーとジャズの融合を知られる作曲者がはじめて書き上げたヴィオ
ラ協奏曲。
・眞鍋理一郎:追憶(2012)
ゴジラ対ヘドラなどで知られる映画音楽の大家による記憶の風景。生誕90年記念
演奏。
・三木稔:箏譚詩集より、箏と弦楽合奏のための《芽生え》《白い風の下で》
(箏ソロ:藤川いずみ)
日本の楽器へも多くの傑作を残した三木。なかなか演奏されないが味わい深い絃
楽との協奏的アレンジ。
・芥川也寸志:映画音楽より(予定・編曲:清道洋一)
叙情的メロディーとオスティナートを発揮した芥川映画音楽より。
【お問合せ】JCA事務局:070-5464-5060
【ホームページ】http://3s-ca.jimdo.com/
【Profile】
この100年で初演された日本人初の管弦楽曲は3000曲を超えるとも言われます
が、その殆どは初演されたきりで再演の機会もなく眠ったままになっていま す。
なかなか聴く機会のない知られざる作品を掘り起こし、それら名曲に今一度接す
る楽しみを広く提供したい!そのような思いを持って、日本の作曲家の作品を専
門に演奏するオーケストラとして、35歳以下を中心としたプロ奏者により2012年
結成されました。
これまでに浜離宮朝日ホール(朝日新聞社内)や旧奏楽堂(上野公園内)にてコ
ンサートを行い、音楽雑誌他で好評を得ました。
2014年は伊福部昭百年紀シリーズを継続中、また、NHKのニュースや新聞にも取
り上げられました。
CD「伊福部昭百年紀Vol.1」(齊藤一郎指揮、長原幸太コンサートマスター)発
売中。
CD「日本の弦楽オーケストラ傑作集」(2014年スリーシェルズより発売予定)。


ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第33回定期演奏会
2014年9月21日(日)  午後2時開演(午後1時30分開場)
指揮:吉川 武典
ブラームス 大学祝典序曲 ハ短調 作品80
ブラームス ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブルックナー 交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
入場料 自由席(一部に指定席がございます)
前売り 700円 当日 1000円(当日券は午後1時から販売開始)
*申し訳ありませんが、小学校入学前のお子さんの入場はご遠慮いただいております。ご了承ください。
チケットお取り扱い
かつしかシンフォニーヒルズチケットセンター(窓口販売のみ。営業時間 10:00-19:00)
*チケット割引サービスあり ⇒くわしくはホームページへ http://www.brokat.jp/


プログラム:Jacob_van_Eyck「笛の楽園」
出演:リコーダー/ツインク 濱田芳通  Pf. 黒田京子
日にち:2014/9/19(金)19時開演 18時30分開場
会 場:sonorium(ソノリウム)※会場へのお問い合わせはお控えくださいませ。
入場料:4000円(全席自由)
チケット取扱い:
東京古典楽器センター TEL03-3952-5515
アントネッロ・コンサート anthonello.concert@gmail.com
アントネッロ・ホームページ http://www.anthonello.com/index.html


2014年 9月14日(日)     14:00開演
ヴァイオリン  小野 唯
チェロ  杉田一芳
指揮   渡辺 新
  
曲目
グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」より序曲
グリンカ/歌劇「皇帝に捧げた命 (イワン・スサーニン)」より序曲
グリンカ/歌劇「皇帝に捧げた命 (イワン・スサーニン)」よりクラコヴィアク
アッテルベリ/ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲   作品57
アルヴェーン/交響曲 第3番 ホ長調   作品23
(都合により曲目、出演者が変更になる場合がありますがご了承ください。)

全自由席 1,000円      60歳以上無料(演奏会当日、証明できるものをお持ちください)

オーケストラ・ナデージダのホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~nadezhda/index.html

  
佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル
2014年9月23日(火・祝)14時開演
佐藤久成(ヴァイオリン)、小田裕之(ピアノ)
ネドバル:ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 作品9
ライネッケ:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 作品116
サラサーテ:スパニッシュ・ダンス 第8番
ボーム:カヴァティーナ
アウリン:フモレスケ
グレチャニノフ:瞑想曲
スタトコフスキ:クラコヴィアク
ディーク:エヴォカシオン
ヴィエニアフスキ:スケルツォ・タランテラ
ラヴェル:ツィガーヌ
(曲目は変更される場合があります)
全自由席 3,500円
<チケットお取扱い>
イープラス http://eplus.jp/(パソコン&携帯)
かつしかシンフォニーヒルズ チケットセンター 03-5670-2233(窓口のみ)
主催:レアアーツ音楽工房 http://www.geocities.jp/rareartsmusic
後援:YEARS & YEARS CLASSICS

【団体名】有森博&長瀬賢弘ピアノデュオ
【コンサート題名】有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ 
ロシア秘選集 Vol.2「縁 ・ ENISHI」~ロシア5人組~
【出演】指揮:有森博/ピアノ 長瀬賢弘/ピアノ
【日時】2014年7月31日
【場所】カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
【入場料】一般 3500円 学生 2500円
【Program】
 =ピアノ連弾=
バラキレフ : ヴォルガにて
バラキレフ : 4手ピアノのための組曲
ボロディン、キュイ、リャードフ、リムスキー=コルサコフによる合作 :
パラフレーズ集~変化のない主題による24の変奏曲と15の小品
=2台ピアノ=
ムソルグスキー(エミール・ナウモフ編曲) :
展覧会の絵~ピアノと管弦楽のためのパラフレーズ(2台ピアノ版)
【お問合せ】カワイ音楽振興会:03-5485-8511
【Profile
有森 博 ありもり●ひろし(ピアノ)
1992年東京藝術大学大学院修了。その後モスクワにて研鑽を積み現在に至る。これまでに野上登志子、水本雄三、小林仁、ナターリャ・スースロワの各氏に師事。1990年第12回ショパン国際ピアノコンクール最優秀演奏賞。1991年岡山県芸術顕彰を受賞。1992年第5回シドニー国際ピアノコンクール第4位。1994年第10回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門入賞。1996年から2000年にかけてラフマニノフのピアノ作品全曲演奏会を成し遂げ、2001年にはプロコフィエフのピアノソナタ全曲演奏会を成功させるなど、ロシア作品に積極的に取り組む活動を展開し、ロシア音楽のエキスパートとして高い評価を受ける。1995年、2001年に小澤征爾指揮新日本フィルと協演の他、日本フィル、東京シティフィル、読売日響、九響、関西フィル、山形響、仙台フィル、神奈川フィル、東フィル、ワルシャワフィル、ポーランド放送響などの内外の主要オーケストラ、著名指揮者との協演を重ねる。2004年には小澤征爾指揮サイトウキネンオーケストラのメンバーとしてヨーロッパ6カ国ツアー及び日本公演に参加。これまでに、12枚のCDがリリースされ、2013年12月発売「メトネルの時間」を始め、多くが特選盤に推薦されている。2014年4月には13枚目のCD「ラフマニノフ:24の前奏曲」、秋には14枚目のCD「カバレフスキー4」がフォンテックよりリリースされる予定。現在、ロシア作品によるリサイタルシリーズを、東京文化会館(「ロシアの玉手箱」)、久世エスパスホール(「ロシアピアニズムの系譜」)にて行っている。東京藝術大学准教授。桜美林大学特任教授。大阪音楽大学特任教授。沖縄県立芸術大学非常勤講師。
公式ウェブサイト:http://www2.odn.ne.jp/~ckj28560
長瀬賢弘 ながせ●よしひろ(ピアノ)
2009年東京芸術大学大学院修士課程を首席で卒業、クロイツァー賞受賞。第23回ピティナピアノコンペティションG級金賞受賞、併せて東京 都知事賞、ヒノキ賞受賞。第74回日本音楽コンクール第2位、岩谷賞(聴衆賞)受賞。第20回イタリア・カラブリア国際ピアノコンクール第3 位(2位なし)。他、数々のコンクールで優勝や入賞を果たす。2008年よりロームミュージックファンデーションの奨学生に選ばれる。 2006年より2011年まで渡露、モスクワ音楽院にて研鑽を積む。2014年東京芸術大学にて演奏博士号を取得。現在、東京芸術大学音楽学部非常勤講師、桐朋学園大学附属子供の為の音楽教室講師。後進の指導に携わる一方、東京や地方都市にてソロや室内楽の演奏活動を精力的に行 う。ロシア音楽、とりわけプロコフィエフの演奏には定評があり、2015年よりプロコフィエフのピアノ作品全曲演奏会を開始予定。これまで、 いわき交響楽団、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団等とピア ノ協奏曲を協演。現在までに、故・赤津里佳子、津山博子、堀陽子、平山聡子、故・G.山根美代子、多美智子、M.ヴォスクレセンスキー、有森 博の各氏に師事。
公式ウェブサイト:http://nagaseyoshihiro.com



 









◆SHOP PROFILE◆
店舗名:
ディスクユニオン神保町店
所在地:


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051
千代田区神田神保町1-4 2F

TEL(代表):03-3296-1561
(神保町店クラシックご指名下さい)

営業時間:11:00~21:00
  (日祝11:00~20:00)

e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!

【メールマガジン会員募集中】
こちらをクリック>>

◆blog内検索◆
連日積み上がる膨大な入荷リストの中からお探しのアーティスト/タイトルを狙い撃ち!
◆バーコード◆
◆カレンダー◆
11 2017/12 01
S M T W T F S
7
11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30