日本で最も知的な街のクラシック最先端 神保町店クラシック 最新情報!!!
[1]  [2


文藝別冊
KAWADE夢ムック
カールリヒター
不滅のバッハ伝道師

河出書房新社編集部 編

ISBN:978-4-309-97906-9
発売日:2016.11.29
定価1,404円(本体1,300円)


今でもバッハといえばリヒターにまさる演奏はない!と信じる全国の隠れリヒター・ファンに捧げる総特集。CD解説も渾身!
第9章  未来の技術、未来の音楽
エピローグ  新しい始まり……

■著者について
新井 鷗子(あらい・おーこ)
東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。NHK教育番組の構成で国際エミー賞入選。これまでに『題名のない音楽会』(テレビ朝日)、『読響シンフォニックライブ』(日本テレビ)などの番組、N響、新日本フィルなどのコンサートの構成を手がける。「横浜音祭り」総監督。著書に『おはなしクラシック』全3巻(アルテスパブリッシング)、『携帯で聴けるクラシックの名旋律』(実業之日本社)、『頭のいい子が育つクラシックの名曲45選』(新星出版社)など。東京藝術大学特任教授、洗足学園音楽大学客員教授。

高橋 幸代(たかはし・ゆきよ)
作曲家。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学院修士課程作曲専攻を首席で修了。学部・大学院修了時にアカンサス音楽賞受賞。Young Euro Classic 2009(ベルリン)にて管弦楽作品が演奏され、ARDドイツ公共放送にてラジオ放送されたほか、国内外にて委嘱作品を発表。『バチカン図書館の扉』(テレビ東京)のテーマ音楽など、幅広いジャンルの作編曲も手がける。東京藝術大学演奏藝術センター非常勤講師・同COI障がいと表現グループ特任助手。


「本物のピアノでショパンが弾きたい――」
障がいのある4人の若者が藝大を動かした!
 
発売日    2016年11月21日
ISBNコード    9784636932461
著者    新井 鷗子/高橋 幸代
1,500円+税


商品の説明
2015年12月、4人の車いすの高校生が東京藝術大学の舞台に立った。
指が不自由でペダルが踏めない彼らは、いかに困難を乗り越えたのか?
演奏や練習の工夫、ヤマハの演奏支援システムへの着想、そして諦めない情熱。
音楽家と技術者が車いすの高校生たちから学んだ、音楽と科学の未来とは――。

障がい者と芸術家、技術者が起こした奇跡の記録が書籍化!

【概要】
本書は、東京藝術大学が2015年に行った『障がいとアーツ』というイベントで、 肢体不自由のある4人の高校生がステージでピアノを演奏するまでの記録を 書籍にしたものです。 高校生たちは「ピアノが弾きたい!」という強い思いはあるものの、 指が動かずペダルを踏むこともできません。 彼らがステージに立つには、多くのハードルをクリアする必要がありました。 片手で弾くためのテクニックや工夫、メロディに追従して伴奏をつけるという ピアノの演奏追従システム、そして演奏に合わせてペダルを踏む仕組みなど、 東京藝術大学の研究者はヤマハの技術者たちの力を借りながら、 高校生たちの演奏をサポートし、「音楽的」な演奏に導いていきます。

必死に音楽やピアノ、自分と向かい合った高校生たち、 彼らに音楽の楽しさや演奏技術を伝えようとする東京藝術大学や 筑波大学附属桐が丘特別支援学校の指導陣、 また演奏を支援するため研究と工夫を重ねたヤマハの技術者たち、 高校生たちを応援する多くの人々――。
この本では、さまざまな角度から このプロジェクトに関わった人々の苦闘の日々を綴っています。

さらに、ステージまでの日々のなか、プロジェクトに関わった人々は、 それぞれの立場から多くの発見をしていきます。 音楽とは、芸術とは、科学技術とは一体何のためにあるのか? 将来どうあるべきなのか?  「答えの出ない問い」へのひとつの解答が、この本には収められています。

【「はじめに」より】
「障がいのある方々と共にひとつのステージをつくり上げていく日々は、数多くの気づきに満ちていました。
芸術、福祉、教育、科学技術と多岐にわたる領域が融合したプロジェクトは、それぞれが異なる領域についての理解を深める場となり、「障がいと表現」、そして「芸術と科学技術」の可能性を示唆するものとなりました。」
松下 功(東京藝術大学 副学長)

[目次]
プロローグ 「ピアノが弾きたい!」
第1章  障がいとアーツ~高校生との出会い~
第2章  もうひとつの出会い
第3章  対面
第4章  チーム始動!
第5章  革命が起きた!
第6章  透明人間との共演
第7章  輝く舞台へ
第8章  舞台裏
昨年に続き新年を祝う限定ピンズが登場です!

ディスクユニオンとブックユニオンから2017年の干支「酉」と音楽・本をモチーフにした「2017ニューイヤーピンズ」が限定発売。

ディスクユニオンはイラストレーター長場雄、ブックユニオンは集めたくなる栞作家、100%ORANGEがそれぞれ書きおろした、

この時期だけのコレクタブルな限定スペシャルグッズです。
 
 


長場 雄
アーティスト・イラストレーター
1976年東京生まれ。東京造形大学卒業。広告、書籍、アパレルなど幅広く活動中。
人物の特徴を捉えたシンプルな線画が持ち味で、Instagramに毎日1点作品をアップしている。
主な仕事に、雑誌『POPEYE』表紙イラスト、TOYOTA LINEスタンプ、東京メトロ マナー広告ポスター、
BeamsT×GhostbustersコラボTシャツなどがある。

Instagram https://www.instagram.com/kaerusensei/ 

100%ORANGE
イラストレーター
及川賢治と竹内繭子の2人組。東京都在住。イラストレーション、絵本、漫画、アニメーションなどを制作している。
イラストレーションに「新潮文庫 Yonda?」(新潮社)、よりみちパン!セ挿画(イースト・プレス)、
絵本に『ぶぅさんのブー』(福音館書店)、『思いつき大百科辞典』(学研)、『ひとりごと絵本』(リトルモア)、
漫画に『SUNAO SUNAO』(平凡社)などがある。
『よしおくんが ぎゅうにゅうを こぼしてしまった おはなし』(岩崎書店)で第13回日本絵本賞大賞を受賞。

Website http://www.100orange.net/


吹奏楽のための音楽用語・記号辞典
1,620円 (税込)
発売日 2016/09/26
サイズ 四六判
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-401-64220-5

吹奏楽に特化した音楽用語・記号辞典が登場!!
音楽の基本的な楽典はもちろん、マーチングやステージなど吹奏楽に関連する用語も掲載。また、吹奏楽経験者なら誰もが共感する「あるある」も満載で、読んでも楽しい内容になっています。巻末には「吹奏楽で活躍する楽器」「移調楽器の対音表」「吹奏楽コンクール歴代課題曲」等の付録付き。
小さくて軽いので持ち歩きに便利です!
【CONTENTS】
記号インデックス
速度標語・発想標語・奏法・用語インデックス
吹奏楽辞典本文
巻末資料
A「吹奏楽で活躍する主な楽器」
B「音名」
C「移調楽器の対音表」
D「吹奏楽コンクール歴代課題曲」
欧文索引

★ご購入はぜひディスクユニオン神保町店で!
★ディスクユニオン神保町店、吹奏楽コーナー充実しています!
ブラックダイクバンドの新品CDも取り扱っています!
CD/DVD/書籍など高価買取いたします!
吹奏楽、管打楽器、英国式ブラスバンドなど大歓迎♪お気軽にお問い合わせください!

ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail: dkg@diskunion.co.jp

1冊でわかるポケット教養シリーズ新刊『形式から理解するクラシック』入荷♪
 
◎形式から理解するクラシック/舟橋三十子(著)/1,026円(税込)

名曲のスタイルを分析し、曲の背景を知って、音楽をもっと楽しく聴こう。クラシックファン必携の1冊。クラシックの名曲80曲を、仕組みや成り立ち、構成などから読み解く。曲の仕組みを知っていると音楽は100倍楽しめる!! クラシックの新たな魅力に気づくこと間違いなし。

●序章 動機(モティーフ)
●第1章 2部形式・複合2部形式
●第2章 3部形式・複合3部形式
●第3章 変奏曲形式
●第4章 ロンド形式
●第5章 ソナタ形式
●第6章 ロンド・ソナタ形式
●第7章 カノンとフーガ
●第8章 オペラ
●第9章 宗教曲
●第10章 いろいろな曲種
●第11章 クラシック音楽のジャンル


ヘンリック・ヴェニャフスキ ――ポーランドの天才バイオリニスト、作曲家
1,944円
ISBN978-4-86600-013-8 C0073
エドムンド・グラプコフスキ 著 足達和子 訳


日本初の評伝
ヘンリック・ヴェニャフスキは、世界のバイオリン界で最も優れた個性の19世紀中期の、ポーランドのバイオリニストである。また、彼の作品は今も生き、最も著名なバイオリニストたちがその作品を演奏している作曲家であるが、日本ではほとんど知れわたっていない。
本書は、幼児期から最期の日々まで、血が通い、骨格もある、人間としてのヴェニャフスキを浮きぼりにした日本初の評伝である。


<著者・訳者紹介>
エドムンド・グラプコフスキ
1924年ポーランド生まれ。1998年逝去。新聞記者を経て、ヘンリック・ヴェニャフスキ音楽協会、ヘンリック・ヴェニャフスキ国際バイオリン・作曲・リュート・コンクールなどの事務局長を歴任。


足達和子(あだち かずこ)訳

法政大学文学部卒業後、ワルシャワ大学留学。ポーランド航空、静岡産業大学勤務ののち、翻訳に従事。著書に『日ポ・ポ日小辞典』『ショパンへの旅』等。訳書に『美しいハンナ姫』『くつやのドラテフカ』等多数。2015年にポーランド大統領から<カバレルスキ十字勲章>を授与された。
新刊『ギター音楽リスナーズ・バイブル』入荷♪

◎ギター音楽リスナーズ・バイブル/朝川博(著)/BOOK/2,052円(税込)

鈴木大介さん(ギタリスト)、推薦! 「この本を携えてクラシック・ギターを聴けば、  たいせつな一曲との出会いがかならず待っています」 他ジャンル曲のギター編曲も含め、「これさえ知っていれば大丈夫」な名曲100曲と作曲家12人を詳しくガイド。 クラシック・ギターをもっと知りたい&これから聴き始めたいあなたのためのハンドブックが登場!


●トム・ゲルー / 楽器の音域・音質・奏法 ( 4636923315 ) 1,188円(税込)



●フィリップ・グラス / フィリップ・グラス自伝 音楽のない言葉 ( 4636930702 ) 4,644円(税込)[



●渡邊温子 / 古楽でめぐる ヨーロッパの古都 ( 4865591439 ) 2,376円(税込)

ディスクユニオン神保町店にて好評発売中!

ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail:
 dkg@diskunion.co.jp



音楽に自然を聴く
小沼 純一 著
平凡社新書
ISBN     9784582858129
800円+税

500年にわたる音楽史から、人間が「自然」と共鳴しながら紡いできた豊かな世界を紹介し、新しい音の聴き方を提案する。

わたしたちの身の回りにあふれる自然から、人間の呼吸、声、ことば、時間・空間、楽器、そして音を記録・再生するテクノロジーまで──。

そこにある「自然」に耳を澄ませば、新しい音の広がり、世界の広がりが見えてくる。「音を聞く/聴く」とはいかなることかを一から考えさせてくれる、インスピレーションに満ちた一冊。

これを読めば、これからのあらゆる音楽体験がまったく新しいものに。
ぴあMOOKより2タイトル発売!


オペラワンダーランド
1,852円+税   
オペラの世界へ誘う、オペラの魅力をたっぷりと紹介
   

クラシックワンダーランド
1,852円+税    
魅力的なクラシックの世界をわかりやすく紹介


マーラーを語る
名指揮者29人へのインタビュー
ヴォルフガング・シャウフラー 編/天崎浩二 訳
【定価】 3,348 円 ( 本体3,100 円)
【判型・頁数】 4-6・312頁
【発行年月】 2016年3月
【ISBNコード】 9784276201361
【内容紹介】アバド、ブーレーズ、バレンボイム、シャイー、マゼールからエッシェンバッハ、ハイティンク、ドゥダメルまで……29人の名指揮者が、マーラー作品との出会い、演奏の難しさ、楽しさを語り尽くす。ユダヤ系の指揮者が語る人種問題と音楽との関係、マーラーを人気作曲家にした立役者バーンスタインに対する率直な批判の声……など読みどころ満載。一時期、演奏頻度が低かったマーラーだが、1960年の生誕100周年を機に再び関心が高まり、聴衆の反応も変わってきた。その変遷期を直に体験した指揮者の声も含まれている点で、貴重な資料でもある。本インタビューの動画は、Universal Editionのホームページ上でも一部公開されている。マーラーの交響曲がこれほど多面的に、しかも評論家や音楽学者ではなく、世界を代表する指揮者等によって語られたことはない。マーラー・ファンにはたまらない一冊。


『バイエル』原典探訪
知られざる自筆譜・初版譜の諸相
安田寛 監修/小野亮祐、多田純一、長尾智絵 著
【定価】 3,240 円 ( 本体3,000 円)
【判型・頁数】 A4・128頁
【発行年月】 2016年3月
【ISBNコード】 9784276143852
【内容紹介】
ピアノ楽譜の中で日本で最も有名なのは、間違いなく『バイエル ピアノ教則本』です。しかしこの楽譜のオリジナルの姿は、全く知られていません。初心者用ピアノ教本の中で最多の売上と影響力を誇り、出版各社から数多くの同工異曲版が発行されているにもかかわらず、実はそれらはオリジナルの姿と異なり、イラストや併用曲が加えられ、楽典が書き換えられ、肝心の楽譜も「初版」ではない資料にもとづいて作られて、スラーやアーティキュレーションが変更されています。
本書は1850年に発行された『バイエル』の〈初版〉を日本で初めて明らかにするものです。それとともに取材過程で発見された自筆譜をはじめとする様々な情報──初版の発行部数や海外版の発行年、さらには自筆譜との差異を紹介し、日本のピアノ教育界が最も強く深く影響を受けてきた『バイエル』の本来の姿を探ります。
『バイエル』は本国で刊行後ベストセラーとなり、すぐさま各国語に翻訳されて国際的に広まりました。こうしたグローバルな流れの中で日本にもたらされたのです。ですからオリジナルの姿を知ることは、私達の先祖がどのように西洋音楽を受け入れたかを考える重要な手がかりとなるはずです。
〔ONTOMO MOOK〕
新編 ウィーン・フィル&ベルリン・フィル
世界に君臨する二大オーケストラを徹底解剖
音楽の友 編
【定価】 1,836 円 ( 本体1,700 円)
【判型・頁数】 A4変・144頁
【発行年月】 2016年3月
【ISBNコード】 9784276962545
【内容紹介】
2016年春と秋、ウィーン・フィルハーモニーとベルリン・フィルハーモニーの「世界二大オーケストラ」が日本公演を行ないます。2018年に芸術監督がキリル・ペトレンコに引き継がれるベルリン・フィルハーモニーは、現芸術監督のサイモン・ラトルとのコンビによる5月の「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」がおそらく日本での最後のツィクルス演奏会となるでしょう。そして10月来日のウィーン・フィルハーモニーは巨匠ズービン・メータとの全国ツアー。いずれも大注目の「両雄」来日を控え、2008年刊「ウィーン・フィル&ベルリン・フィル 最新パーフェクトガイド」を大幅リニューアルしたMOOKを刊行!この1冊で「両雄」の魅力を、あらゆる視点からたっぷり堪能いただけます。

●音楽現代 / 1983ネン12ガツ ( OG1983ネン12 ) 205円(税込) 【 盤質: B// 】
●音楽現代 / 1984ネン4ガツ ( OG1984ネン4 ) 205円(税込) 【 盤質: B//表紙ペキネル姉妹 】
●音楽現代 / 1981ネン11ガツ ( OG1984ネン11 ) 205円(税込) 【 盤質: B//表紙メータ 】
●音楽現代 / 1975ネン4ガツ ( OG1975ネン4 ) 205円(税込) 【 盤質: B// 】
●音楽現代 / 1989ネン11ガツ ( OG1989ネン11 ) 205円(税込) 【 盤質: B// 】
●音楽現代 / 1987ネン9ガツ ( OG1987ネン9 ) 205円(税込) 【 盤質: B//アーノンクールのインタビュー 】
●音楽現代 / 1973ネン9ガツ ( OG1973ネン9 ) 205円(税込) 【 盤質: B//表紙汚れ/付録なし 】
●音楽現代 / 1978ネン12ガツ ( OG1978ネン12 ) 205円(税込) 【 盤質: B//特集マタイ受難曲 】
●音楽現代 / 1982ネン2ガツ ( OG1982ネン2 ) 205円(税込) 【 盤質: B// 】
●音楽現代 / 1981ネン10ガツ ( OG1981ネン10 ) 205円(税込) 【 盤質: B//特集ブラームス 】
●音楽現代 / 1982ネン8ガツ ( OG1982ネン8 ) 205円(税込) 【 盤質: B//特集バッハ 】
●音楽現代 / 1974ネン5ガツ ( OG1974ネン5 ) 205円(税込) 【 盤質: B//創刊三周年記念号 】

などなど・・

前回の入荷の際はとてもご好評いただきました!
雑誌のバックナンバーですと、なかなか手にはいらないものもございます!
どうぞお早めに♪

お取り置き、通信販売できます!お気軽にお問い合わせ下さい♪

ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail: dkg@diskunion.co.jp



作曲家たちの風景 【CD付】―楽譜と演奏技法を紐解く―
キャロル・モンパーカー 著 江上 泉 訳
ヤマハミュージックメディア   
ISBNコード    9784636917635
税込価格 3,024円


「インスピレーションを鍛えよ」
作曲家は、作品であらゆる感情を表現し、そこに風景や地形を描く。
さあ、譜面という名の「風景」と向き合い、探検しよう!

偉大な作曲家8名の作品を、これまでにない新しい着眼点で読み解く。

商品の説明
バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、ショパン、メンデルスゾーン……
わたしの目には、どの楽譜を開いても、それが輪郭や地形をもった風景として映る。(本文より)


本書は、ピアニストである著者、キャロル・モンパーカーの目を通してピアノ作品を洞察したエッセイである。
章ごとに作曲家をひとりずつ取り上げ、その楽譜を風景にたとえる。モーツァルトなら手入れのいき届いた庭、シューマンの譜面はいばらだらけの茂み、丘もあれば谷もあり、遠回りのメロディラインや全声部が集まる大通りもあるだろう。それらの景色は、作曲家によって大きく異なる。
そんな「風景」を、演奏に不可欠な技術的・解釈的要素に注目しながらナビゲートしていく。

さらに、作曲家自筆の手稿譜の写真や、本書で取りあげた作品をモンパーカー自身が演奏したCD も付き、ピアニストにも音楽愛好家にも楽しめる内容となっている。

●ピアニストでもある著者による演奏CD付
●世紀の大ピアニストとの貴重なインタビューを掲載
 _デイヴィッド・バー=イラン/クロード・フランク/バイロン・ジャニス/ナディア・ライゼンバーグ/ゲイリー・グラフマン/ルドルフ・フィルクスニー/ジェームズ・トッコ/ポール・シェンリー/ルース・ラレード/ジェローム・ローウェンタール/ギャリック・オールソン/ハリス・ゴールドスミス


[目次]
第1章 バッハ
第2章 モーツァルト
第3章 ベートーヴェン
第4章 シューベルト
第5章 シューマン
第6章 ブラームス
第7章 ショパン
第8章 メンデルスゾーン
付録A.ショパン《舟歌》の解釈
付録B.ショパン《バラード第4番》の解釈

[付属CDトラックリスト]
[1]バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻 前奏曲とフーガ ハ長調/[2]バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻 前奏曲とフーガ 嬰ヘ短調/[3]ショパン:ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2 /[4]ショパン: 即興曲 第2番 嬰ヘ長調 Op.36 /[5]モーツァルト:アレグレットによる6つの変奏曲 ヘ長調 K.54 /[6]シューベルト:楽興の時 第1番 ハ長調 Op.94-1 /[7]シューベルト:楽興の時 ヘ短調 Op.94-5 /[8]シューベルト:4 つの即興曲 ヘ短調 Op.142-4 /[9]ブラームス:幻想曲集 ト短調 Op.116-3 /[10]ブラームス:幻想曲集 ホ長調 Op.116-6 /[11]ブラームス:幻想曲集 ニ短調 Op.116-7/[12]ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第24 番 嬰ヘ長調 Op.78:アダージョ・カンタービレ/[13]ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第24番 嬰ヘ長調 Op.78:アレグロ・ヴィヴァーチェ/[14]シューマン:3つのロマンス 嬰ヘ長調 Op.28-2 /[15]シューマン:幻想小曲集 “夕べに”Op.12-1/[16]シューマン:幻想小曲集“ 飛翔”Op.12-2

■著者について
キャロル・モンパーカー(Carol Montparker)
ピアニスト・文筆家。スタインウェイ・アーティストとして演奏活動の傍ら、ピアノの祭典、研修会、大学などで講義やワークショップを開催するなど、多方面で活躍中。コンサート、CD、6冊の書籍のいずれもが高い評価を得ている。著書に『The Blue Piano and Other Stories』、『A Pianist’s Landscape』、『Polly and the Piano』、『The Anatomy of a New York Debut Recital』(すべてアマデウス・プレス出版)がある。音楽ジャーナリストとして15年のキャリアを持ち、『クラヴィア』誌編集主任を務めたほか、ニューヨーク・タイムズ紙、ニューズデイ紙などに多数寄稿している。ニューヨーク州ハンティントン在住。
http://www.montparker.com

■訳者について
江上 泉(えがみ・いずみ)
1972年、岩手県奥州市生まれ。早稲田大学卒。8年間の中高英語教員を経て、出産を機に翻訳修行の道へ。3人の幼い息子たちとピアノを取り合う毎日。訳書『屋久島』(共訳、青菁社フォトグラフィックシリーズ)

希望のヴァイオリン ホロコーストを生きぬいた演奏家たち
ジェイムズ・A・グライムズ 著
宇丹 貴代実 訳
白水社
ISBN     9784560084786
判型・ページ数     4-6・284ページ
定価     本体2,800円+税

楽器修理人アムノンの元には、ホロコーストをくぐり抜けた多くの楽器が持ち込まれた。音楽を力に生き延びた有名無名の持ち主の物語。


内容説明

音楽が力、支え、ときには武器となった時代

楽器修理人アムノンの元には、ホロコーストをくぐり抜けた多くの楽器が持ち込まれた。音楽を力に生き延びた有名無名の持ち主の物語。

「これらの楽器は、あの世からの証言なのです。」 

音楽が生きる力、命を救う手段、そして復讐の武器だった時代、ユダヤ人ゲットーで、強制収容所で、パルチザンの部隊で、ヴァイオリンとともに生きた有名無名の演奏家たちがいた。 


「一九八〇年代末に、アウシュヴィッツでヴァイオリンを弾いていた男がアムノンの工房を訪れた。死の収容所を出てからこのかた手を触れずにきた自分の楽器を、孫息子のために修復してほしいのだという。ヴァイオリンの表板は演奏中に雨や雪にさらされたせいでぼろぼろになっていた。分解すると中から灰が出てきた。どう考えても、アウシュヴィッツの死体焼却場から舞い落ちてきたものだ。」(本文より)

「これらの楽器は、あの世からの証言なのです。」
テルアビブの楽器修理人アムノン・ヴァインシュテインは、一族がナチスに全滅させられたことをきっかけに、ホロコーストをくぐりぬけた楽器の修復と再生「希望のヴァイオリン」プロジェクトを立ち上げた。さまざまな人々や遺族・友人が、彼の元に楽器を持ち込んだ。
それらのヴァイオリンは、あるものはドイツのゲットー内で結成されたユダヤ文化同盟のオーケストラで演奏され、ユダヤ人の強制収容が本格化する直前にパレスチナへ渡った。またあるものは老朽船に定員の三倍から五倍もの難民とともに詰め込まれ、各国間の外交駆け引きのはざまで、約束の地を目前にして地中海からインド洋上までたらい回しにされた。アウシュヴィッツでは、楽器を演奏できることが囚人の生き延びる可能性を高め、ノルウェーでは一挺のヴァイオリンがユダヤ人排斥運動の口実となった。そしてある日出会った楽器は、まさにアムノン自身につながる品だった――。
メンゲレの誕生日を祝うパーティーで演奏した囚人や、ヴァイオリンの腕前を武器に両親の敵をとった少年など、苦難の時代を楽器とともに生きた演奏家たちの物語。


[目次]
プロローグ アムノンのヴァイオリン
第1章 「ワーグナー」のヴァイオリン
第2章 エーリヒ・ヴァイニンガーのヴァイオリン
第3章 アウシュヴィッツのヴァイオリン
第4章 オーレ・ブルのヴァイオリン
第5章 ファイヴェル・ヴィーニンガーのヴァイオリン
第6章 モテレ・シュラインのヴァイオリン
エピローグ シモン・クロンゴルトのヴァイオリン

謝辞
訳者あとがき
参考文献
原註
索引

[原題]
Violins of Hope: Violins of the Holocaust―Instruments of Hope and Liberation in Mankind's Darkest Hour


[著者略歴]
ジェイムズ・A・グライムズ James A. Grymes
アメリカの音楽学者、ノースカロライナ大学シャーロット校教授。フロリダ州立大学でPhDを取得、ハンガリーの作曲家ドホナーニについて、評伝Ernst von Dohnányi: A Song of Life(イローナ・フォン・ドホナーニとの共著)ほか、複数の著書がある。邦訳は本書が初めて。

[訳者略歴]
上智大学法学部国際関係法学科卒業、
翻訳家
訳書に、コリンガム『戦争と飢餓』(河出書房新社)、レスター『ダ・ヴィンチ・ゴースト――ウィトルウィウス的人体図の謎』、シャピロ『マンモスのつくりかた――絶滅生物がクローンでよみがえる』(以上、筑摩書房)など。

*略歴は刊行時のものです


ロマン派の音楽 歴史的背景と演奏習慣
アントニー・バートン 編/角倉一朗 訳
音楽之友社
税込価格 3,240 円 ( 本体3,000 円)
ISBNコード 9784276140653


既 刊の『バロック音楽』『古典派の音楽』に続く、3巻のシリーズの完結編。1828年(ベルリオーズの作品1)から1914年頃までのロマン派時代を対象と した演奏の手引きである。鍵盤、弦、管、声楽の各分野の章、そしてその前後に、すべての分野に共通する章(「歴史的背景」「記譜法と解釈」「原典資料とエ ディション」)が置かれている。学問的知識のみならず、演奏体験をもつ音楽家によることが特色。「はじめに」はロジャー・ノリントンによる。ドニゼッ ティ、ベッリーニ、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ヴァーグナー、フランク、ブルックナー、ブラームス、グリーグ、フォーレ、ドビュッ シー、ラヴェルなどの作品、J. N. フンメル、L. シュポーア、C. フレッシュ、M. ガルシアなど当時の教本を、譜例入りで取り上げている。楽器や絵画などの図版も。人名索引、事項索引付き。


宇野功芳著
私のフルトヴェングラー
1,944円(税込)
河出書房新社
EAN:9784309276922

商品レビュー

音楽批評最長老の、もっとも敬愛する指揮者への思いを綴る。長く愛聴した音楽家への、その時々の思いのうつろいを聞き分ける愉しみ。


立花隆著
武満徹・音楽創造への旅
3,780円(税込)
文藝春秋
EAN:9784163904092

商品レビュー

「ぼくはあの人にだったら、全部しゃべってしまおうと思っているんです」。立花隆による伝説の超ロングインタビューがついに書籍化!
音楽本・超特価販売!!

オールジャンル音楽本・楽譜・パンフレットなどが・・・

50円均一&100円均一!

 

 
数に限りがございますので、ぜひお早めにお求めください!
(プライスカードに特50円/特100円と表記があります)

その他、管楽器アンサンブルの楽譜超特価300円もございます♪
在庫4点限りですのでお早めに!


ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail: dkg@diskunion.co.jp



中村洋子著/クラシックの真実は大作曲家の「自筆譜」にあり!
【バッハ、ショパンの自筆譜をアナリーゼすれば、曲の構造、演奏法までも分かる】
DU BOOKS 2,700円(税込)

音大生の99%は、基本的な「和声」「対位法」を理解できていない。
⇒それは西洋クラシックの基礎であるバッハを本当に学んでいないからです。
 
ピアノの先生方、クラシック愛好家、音大生に
大好評の中村洋子・アナリーゼ講座(人気ブログ「音楽の大福帳」)を補筆、
歴史的名演奏のCD解説も収録。

<主な内容>
chapter 1
「エリーゼのために」の7小節目「ミ ド シ」は誤り、「レ ド シ」が正しい
「Für Elise エリーゼのために」がなぜ名曲なのか&ケンプの名演
「エリーゼのために」手書き草稿は、声部ごとに符尾の方向を変えている
ベートーヴェンの自筆譜は、指摘されているように乱雑なのでしょうか?
芭蕉の「 奥の細道」自筆は、Bachの自筆譜に通じる

chapter 2
そもそも「和声」とはどういうものでしょうか?
対位法とはどういうものでしょうか
一生忘れない暗譜の方法
ソルフェージュ=音楽家にとって大事な、土台のような訓練
絶対音感について
Bachのコラールこそが、和声を学ぶ最良の教科書

chapter 3
《浅田真央&キムヨナさんへの感想》が、東京新聞「こちら特報部」に掲載
ラフマニノフ「鐘」の特徴は「ロシアの半音階」、その源泉はブラームスにあり
ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」Op.34-14の原調は、嬰ハ短調
ヴィシネフスカヤ「チェチェンへ」を見る
《浅田真央さんへの感想》に驚くほどの反応
レンブラント、ルターの肖像画と二枚のフェルメールを見る

chapter 4
バッハ「無伴奏チェロ組曲全6曲」の調性がもつ本当の意味
バッハ「無伴奏チェロ組曲全六曲」の白眉「5番」のサラバンドを分析する
Bachの原曲を移調し、音を加えることは、Bachの世界の破壊
バッハ・インヴェンション第1番の「3連符」がもつ重い意味
平均律第2巻「12番 f-Moll」を例に、バッハの和声を見てみましょう。
平均律2巻4、5、12番はバッハ自筆譜が行方不明
世界で通用した唯一のリート歌手中山悌一先生
中山悌一先生と、シューベルトの歌曲「春に」「盲目の少年」
中山靖子先生の「リート」に中山悌一先生の「ピアノ」、忘れ得ない体験

chapter 5
ショパン・ナショナル・エディション(エキエル版)は、本当に原典版か?
ショパン「ÉtudeエチュードOp.25-1」の自筆譜とエキエル版との相違点
ドビュッシー校訂「Chopin Étude」は、本当に素晴らしい。
ChopinのPolonaise-Fantasie 幻想ポロネーズを、自筆譜から読み込む
作曲家の「自筆譜」について
「森繁 久彌」さん、「萩原朔太郎」の「純情小曲集」、そして「西洋音楽」

chapter 6
「エクスタシーの連続が現代のクラシック音楽」と、アファナシエフの批判
Ugorskiウゴルスキについての、Afanassievの貴重な証言
聴衆に媚びる演奏家と、演奏家に媚びを要求する聴衆
質の高い聴衆となるためには、連弾などで自ら勉強を
アファナシエフの続き、限りない優しさがにじみ出るシェルヘン指揮「フーガの 技法」。
深く失望したアファナシエフのBeethovenピアノソナタ演奏
“現代のBeethoven” を批判する資格がありや&Kripsの見事なTchaikovsky

chapter 7
モーツァルト「きらきら星変奏曲」の自筆譜実物を見る
モーツァルトはバッハの4声フーガを弦楽四重奏に編曲して勉強。
Mozartピアノソナタの源泉もBachにあり
モーツァルトKV331の自筆譜見つかる、エレガントではなく劇的な音楽だった
岡本文弥さん百歳の演奏会、生涯忘れ得ぬ感動
新春 能狂言 山本東次郎 能 バッハ

chapter 8
シューマンの音楽評論、音楽の本質を珠玉の言葉で表現
「子供のためのアルバム」は、シューマンの「インヴェンション」
シューマン「予言の鳥」の自筆譜から、どう演奏すべきかが見事に分かる
ベルガマスク組曲は「調性崩壊の音楽」の一里塚
ドビュッシー「子供の領分」は、どこの出版社の何版を使うべきか
エリック・ハイドシェックの「Brahms Op.118」ピアノ・レッスン
私の“道標” ともいえる塗師・山本英明さんが、逝去されました

chapter 9
Beethovenのピアノソナタに見る調性の性格について
リフシッツによるシェーンベルク、ヴェーベルン・ピアノ作品の名演
ヴィルヘルム・ケンプ85歳、最後のコンサートと彼の言葉
Woody Allen ウッディ・アレンの映画「Midnight in Paris」を見る
世紀の名チェリスト ピアティゴルスキー、シューマンの「チェロ協奏曲」
伝統文化の粋、名古屋「亀末廣」が突然閉店、なんと悲しいことでしょう
フルトヴェングラーの記念碑的なMatthäus-Passionマタイ受難曲の指揮
マネ「笛を吹く少年 Le Joueur de fifre」は三角のcomposition、バッハに似る


デザイン:高橋力、北村卓也(m.b.llc)

A5 / 328ページ / 並製

ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail:
dkg@diskunion.co.jp



幸松 肇著/レコードによる弦楽四重奏曲の歴史 上巻【黎明期からハイドン、モーツァルト】
DU BOOKS 3,456円(税込)

音楽の最も純粋な形式と言われる弦楽四重奏を、
その源流から辿る旅。

雑誌『LP手帖』に、1975 年から7年にわたって連載された珠玉の評論、初の全文書籍化。

当時入手可能な全てのレコードに耳を通し、弦楽四重奏曲の歴史を黎明期から克明に辿るという空前絶後の試み。『弦楽四重奏曲の歴史 補遺』として名弦楽四重奏団の歴史、来日公演覚書など、長年蓄積された著者の貴重な知識と体験を、新たな書き下ろしと共に掲載。

<上巻のおもな内容>
第一部 ルネッサンスから古典派まで
第二部 ハイドンの弦楽四重奏曲
第三部 モーツァルトの弦楽四重奏曲
弦楽四重奏曲の歴史 追補(2016)

デザイン:CLASSICUS
四六/496ページ/並製


幸松 肇著/レコードによる弦楽四重奏曲の歴史 下巻【ベートーヴェン、シューベルト】
DU BOOKS 3,456円(税込)

弦楽四重奏の聖典ベートーヴェン、
ロマン派の詩情シューベルトを巡る旅。

雑誌『LP手帖』に、7年の長きにわたって連載された稀代の名評論、待望の完全書籍化。

SP時代からLP全盛期の伝説的な弦楽四重奏団をはじめ、数多のレコードを聴き込んだ著者にして初めて成し得た不世出の批評。弦楽四重奏曲の最高峰、ベートーヴェン16曲とロマン派の源泉、シューベルト15曲の全ての弦楽四重奏曲を各曲ごと詳細に検討、解説。

<下巻のおもな内容>
第四部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(1) 習作、編曲作品、全曲録音
第五部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(2) 初期弦楽四重奏曲
第六部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(3) 中期弦楽四重奏曲
第七部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(4) 後期弦楽四重奏曲
第八部 シューベルトの弦楽四重奏曲

デザイン:CLASSICUS
四六/528ページ/並製

ディスクユニオン神保町店
〒101-0051 千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2階
TEL:03-3296-1561

営業時間:11:00~21:00(日 祝11:00~20:00)
e-mail:
dkg@diskunion.co.jp

 

ケルスティン・デッカー著/小山田豊訳 愛犬たちが見たリヒャルト・ワーグナー

ISBN:9784560084878
白水社
本体2,900円+税

こよなく愛した犬たちとのかかわりを通して、大作曲家の生涯と創作の秘密を明らかにする、敬意と皮肉とユーモアに満ちた斬新な評伝。

内容説明

大作曲家が心を許せた相手は犬だけだった?

犬たちがいなかったら、ワーグナーはワーグナーたりえなかった?
笑いと感動、時には呆れつつも心揺さぶられる、敬意と皮肉とユーモアに満ちた斬新な評伝。

「この本では世紀の大作曲家ワーグナーが、彼をいちばんよく知る者たちの視点から描かれている。脇役として馬、二羽のオウム、それにクジャクのヴォータンとフリッカが登場する。さらには、さまざまな家禽類も。首をもがれたばかりのニワトリを見てしまったワーグナーは、あれこれ思いをめぐらすうち、みずからの美学の根底にあるものを発見した。」(「まえがき」より)


大作曲家と犬たちの愛情物語

本書はワーグナーの生涯のうち、リガを夜逃げし出世作となる『リエンツィ』を書いた時期からバイロイト祝祭の開始までという、もっとも重要かつ激動の時代を、当時共に暮らしていた犬たちに視点が寄り添う形で記している。ワーグナー自身の手紙や覚え書き、自伝といったオリジナルなテキストと、同時代から現代にいたる研究書や評伝をもとにした記述を大胆にリミックスした、物語のように読める斬新な評伝である。
動物には理性がないと決めつけ、人間より一段下に見るような傲慢な考え方とは、ワーグナーはいっさい無縁だった。幼いころ、犬がらみで衝撃の体験をしてしまったワーグナーは、通りすがりの他人の馬車馬の扱いや家禽の運送方法にまで心を痛めるようになる。犬たちも、元の飼い主を捨て、自分からワーグナーのもとにやってきた。彼の人生の重大な局面のあれこれは、犬をはじめとする生き物たちの存在があったからこそ起こったのであり、著者は、生き物たちとの交流とそこから生まれた思想が作品に影響を及ぼした可能性まで、さまざまに考察する。
笑いと涙と感動に満ち、時には呆れつつも心揺さぶられる、敬意と皮肉とユーモアにあふれた一冊。


[目次]
まえがき

ロッバー、あるいは『さまよえるオランダ人』
 アアカワイソウナイヌ
 天命は自分で決める
 「ここはザントヴィーケだ」
 ルール・ブリタニア!
 トネルリ通りにて
 店じまい!

ヴェーヌスベルクのペプス
 ある犬の子供時代
 リヒャルト! 自由を! 聖霊の騎士!
 犬と革命
 「……犬にも、鳥にも、もう会わない……」
 パーポの愛の死
 山旅と哲学者
 女王からペプスへのお言葉

トリスタン、生きるのに疲れた馬、そしてブルドッグのレオ
 「ワーグナーは悪いやつ」
 ヴェネツィアの死んだニワトリあるいはトリスタン、第二幕
 新しい間借り人
 レオに絨毯を

老犬たちの逃避行
 捕まった白いプードル
 盗難事件
 ヴォータンの告別
 「ああ、われわれは世界というデーモンの哀れな玩具なのだ!」
 船は……
 ……沈む。

王様の花壇を荒らすニーベルンゲン
 「愛するポールに R・W」
 贈り物
 ヴォータンはもう羽を広げられない
 ぼくはアルトゥール・ショーペンハウアーなんて信じない!
 エピローグ、または聖金曜日の奇跡

訳者あとがき/参考文献抄/原注


[原題]Richard Wagner.Mit den Augen seiner Hunde betrachtet


[著者略歴]
ケルスティン・デッカー Kerstin Decker
1962年生まれのドイツ人ジャーナリスト、作家。哲学博士。新聞記者・コラムニストとして活躍するかたわら、ハイネなど詩人、芸術家に関する著書多数。近著は『ニーチェとワーグナー――愛と憎しみの物語』。邦訳は本書が初めて。

[訳者略歴]
小山田 豊(おやまだ・ゆたか)
1963年生まれ。上智大学大学院ドイツ文学専攻博士課程満期退学。早稲田大学ほか兼任講師。テヴィンケル『コンサートが退屈な私って変?』(春秋社)の翻訳により、マックス・ダウテンダイ翻訳賞受賞。訳書は他に、メッツマッハー『新しい音を恐れるな――現代音楽、複数の肖像』、ヴァルター『オペラハウスは狂気の館――19世紀オペラの社会史』(以上、春秋社)、オルトケンパー『心ならずも天使にされ――カストラートの世界』(国文社、共訳)ほか。
 

〔ONTOMO MOOK〕
●最新版 クラシック名盤大全 交響曲・管弦楽曲篇〔下〕
レコード芸術 編
2,160 円 ( 本体2,000 円)
ISBNコード:9784276962538

内容紹介
国内外を問わず、これまでに発売されたすべてのクラシック・レコード(CDを中心にLPも含む)の中から、交響曲、管弦楽曲の名盤約1800枚を、『レコード芸術』で活躍する音楽評論家約30名のノミネートにより選定し、上下2巻に分けて紹介するという壮大な企画のムック。
下巻では、作曲家のアルファベット順にマルティヌーからツィンマーマンまで、さらに約80点のオムニバス盤を加え、名盤936枚を取り上げている。下巻の中心となる作曲家はメンデルスゾーン、モーツァルト、プロコフィエフ、ラフマニノフ、ラヴェル、シューベルト、シューマン、ショスタコーヴィチ、シベリウス、シュトラウス一家、R.シュトラウス、ストラヴィンスキー、チャイコフスキー、ワーグナーなど。名盤であれば、同一曲目の重複もいとわず、たとえば「ストラヴィンスキー:春の祭典」は24種類、「ワーグナー/管弦楽作品集」は13種類、「シベリウス/交響曲全集」と「シューマン/交響曲全集」は各12種類、「スメタナ/わが祖国」は11種類を掲載。クラシック・レコード・コレクターのための必携のムックである。


野口剛夫 著 音楽を生きるということ-私の音と言葉

本体2,500円+税
アルファベータブックス
ISBN:9784865987027

数々の偉大な音楽家の精神に共鳴しつつ、指揮者、作曲家として挑戦し続ける著者渾身の音楽論集!


内容説明

筆者が学生時代からライフワークとするフルトヴェングラーのみならず、ワルター、クナッパーツブッシュ、シェンカー、ブルックナーなどを独自の視点から語る。また対談、音楽時評、演奏会評論、そして著者の名を世間に広く知らしめることになった佐村河内事件に関する論考なども収録。テーマは多岐にわたるものの、筆者自身の実践と経験から生まれ、かつ強い問題意識と信念に貫かれた音楽論集。











◆SHOP PROFILE◆
店舗名:
ディスクユニオン神保町店
所在地:


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051
千代田区神田神保町1-4 2F

TEL(代表):03-3296-1561
(神保町店クラシックご指名下さい)

営業時間:11:00~21:00
  (日祝11:00~20:00)

e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!

【メールマガジン会員募集中】
こちらをクリック>>

◆blog内検索◆
連日積み上がる膨大な入荷リストの中からお探しのアーティスト/タイトルを狙い撃ち!
◆バーコード◆
◆カレンダー◆
07 2017/08 09
S M T W T F S
6 11 12
14 15
24 25
27 28 29 30